2月14日のくらげ雲

2月14日の午前中、
お部屋でパソコンの前に座って
真面目にお仕事をしていた時のこと。

ふと窓から外を見ると、
くらげ雲(jellyfish-like cloud)が出ていました(≧▽≦)ノ

02141
(※写真はクリックで拡大)

02142
(※写真はクリックで拡大)

02143
(※写真はクリックで拡大)


よく晴れた日、日射はまず地面を暖めます。

地面が受け取った熱は、
そこに接する空気にと伝わっていき、
地表付近の空気も次第に暖まっていきます。

空気は暖かくなると軽くなります。
そのため、地表付近で暖められた空気は
「熱気泡」という目には見えない泡になって、
ぷかぷかと上昇をはじめます。

「熱気泡」にある程度水蒸気が含まれていれば、
ある程度まで上昇すると、含まれていた水蒸気が
凝結して水の粒となって漂い、雲ができます。

しかし、この「熱気泡」がすっごく乾燥していると、
どこまでのぼっても雲はできません。
それどころか、上昇した先に雲があると、
その中に入りこんで雲を消してしまいます。

そうしてできたのがくらげ雲で、
下から次々と熱気泡が昇ってきて雲を消すので、
雲の下半分が乱れて、まるで
空を漂うくらげのような形になるのです。

上のくらげ雲の写真の中に、
雲のところに黒いゴミのようなものがあるものが1枚あります。

じつはこれ、上昇気流を受けて旋回しながら
空高くのぼっていった猛禽が写りこんだものです(^-^;)


そういえば、「あおぞら☆めいと」の
雲と空のWeb図鑑、バタバタしていて
更新できていなかったけど、
くらげ雲のページの素材だけはできています。

そのひとつの解説イラスト、
つくったはいいものの、そのまま公開せずじまいで、
塩漬け(笑)になっていたので、ここに載せておきますね。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


あれ?
最近、珍しく真面目なことばかり書いているかな?
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (3)

ぽかぽか陽気で蝶も舞う

わぴちゃんとこ、今日はぽかぽか陽気でした。

この陽気に誘われて、
成虫越冬の虫さんたちも出てくるかな
♪((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ワクワク


あ!!
やっぱり!!

成虫越冬のルリシ...

Photo
(※写真はクリックで拡大)

あれ???
きみはヤマトシジミくん

…だよねΣ(・ω・ノ)ノ!!

幼虫越冬で、いつもだいたい
4月にならないと出てこないのに、
なんでいるのかにゃ?(/||| ̄▽)/


そして…
ベニシジミくん発見!!

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


この子も幼虫越冬なのですが、
3月初旬には姿を見ることが多いです。

だいぶ早め…だけど、
まぁ、いいか。。。

| | コメント (5)

ピサンリのタネを…

ピサンリ(pissenlit)は、フランスで
野菜として利用されているタンポポのことです。

それのタネを入手することができたので、
他の手持ちのタンポポ類とあわせて、種まきをしました。

※タンポポは発芽させるのが案外難しいのですが、
今までの経験では、2月頃ポットに蒔いて、
発芽までは室内の出窓のところに置いておく…
というやりかたが成功率が高いので、
今回もそのようにしました。


そのとき、タネの形態も観察したのですが…

_edit
(※写真はクリックで拡大)


あれあれ?
なんか、今まで見たことないような感じ?

タネ上部にある突起の先が丸っこくて
ほとんどとんがっていません。
しかも突起の数がずいぶん少なくて、
つるつる、のっぺりした印象です。

ついでに、手持ちでセイヨウタンポポと
同定したもののタネもいくつか写してみました。

_edit_2
(※写真はクリックで拡大)

_edit_3
(※写真はクリックで拡大)

_edit_4
(※写真はクリックで拡大)

» 続きを読む

| | コメント (2)

ギシギシだけで2時間

2月10日は、日本植物友の会主催の
「花のサロン」の講師として
東京へとお出かけしていました。

植物好きさんが集まるということで、
どうせなら、思い切ってとんがった内容に
…と調子に乗って決めたテーマが「ギシギシ」でした。

23


41

75

83

94


100


じつはギシギシ類、わぴちゃんが
今とってもはまっている分類群だったりします。
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ちょっととんがりすぎたテーマでしたが、
聞いてくださったみなさん、
ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

余談ですが、わぴちゃんが
今着ているコートはボロボロですo_ _)oパタ

だから新しいコートがないかと
だいぶ探し回っているのですが、
なかなか好みのものを見つけられず…。

なので、この講座の帰り、
せっかく東京に出てきているついでに、
駅ビルでおなじみの○ミネとマ○イに寄って、
新しいコートを探し回りました。

さすがに東京ならあるだろう


…。

都会の駅ビルで服を買う…というのは
わぴちゃんには10年早いようでしたo_ _)oパタ

目的のものが見つけられなかったうえに、
人ごみにもまれて、前も後ろも
どこ見ても○ップルだらけで
心に大きな穴をあけただけでしたo_ _)oパタ

もう今シーズンは、このまま通すしか
ないかなと思っていたのですが、
今日、買い出しのついでにダメもとで寄った
近所の洋品店でコート発見!!

しかも冬物最終処分セール中で
2700円という特価でゲット!!(≧▽≦)ノ

もう春間近ですが、
新しいコートデビューとなりました(*´▽`*)

| | コメント (5)

手すりにびーっしり

霞ヶ浦のしぶき氷の続きです。

公園の手すりのところを見てびっくり!!

まるで大根でも干しているかのごとく、
びーーーーーーーーーーーーっしりと
白い氷柱ができていました。

ここは特に波当たりがよかったので、
ここまで立派に育ったのでしょうね。

01277
(※写真はクリックで拡大)

01278
(※写真はクリックで拡大)

01279
(※写真はクリックで拡大)

012710
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (5)

霞ヶ浦のしぶき氷

1月27日は、霞ヶ浦の「しぶき氷」を
調べに行っていました(*v_v)o

「しぶき氷」は、現象としては
飛沫着氷・飛沫氷柱と同じものです。

特に呼び分けの基準もありませんが、
湖畔にできる規模の大きなものは
「しぶき氷」と呼ばれることが多いようです。

強風時は、湖もかなり激しく波立ちますが、
この波しぶきが岸辺の草木などにあたり、
凍りついてできたものです。

有名どころは猪苗代湖(福島県)などですが、
26日、Web版茨城新聞に
霞ヶ浦にできた「しぶき氷」が掲載されていて、

「え? 霞ヶ浦にもできるの??」

と思い、急遽確認しに行ったのでした。

広域にわたって、かなり見事な
「しぶき氷」ができていました^-^

01272
(※写真はクリックで拡大)

01273
(※写真はクリックで拡大)

01276
(※写真はクリックで拡大)

01274
(※写真はクリックで拡大)

01275
(※写真はクリックで拡大)


今日は土曜日だし、ちょこっとだけど
新聞にも紹介されたから人多いかな?

なんて思っていたのですが、
貸し切り状態で堪能できました。

ただ、毎年確実にできるというような雰囲気ではなく、
特に寒い年に限られるもののように感じました。

| | コメント (2)

アイスサークル(回転結氷)

1月25日は、レアな雪氷現象を
見ることもできました。

そのひとつがアイスサークルです(*´▽`*)

0125
(※写真はクリックで拡大)

アイスサークルは、水の流れが
渦を巻いているような場所にできる
まんまるの氷です。


わぴちゃんは2013年2月3日に宮城県栗原市で
一度見ていますが、いびつな形のもので、
これだけきれいなものは初めてです(*´▽`*)

アイスサークルを見つけた瞬間、
すっごくテンションあがりました(≧▽≦)ノ


日本名は探索した限りでは、
広く使われている呼び名というのは
見つけられませんでした。

ただ、手持ちの『雪と氷の造形』
(高橋喜平、朝日新聞社、1980)という文献には、
「回転結氷」という名前が使われていました。

文献の著者が便宜上名づけたもののようですが、
特徴を的確にとらえた良い呼び名ですね(*´▽`*)

死語にせず、日本名として普及しても良いのでは?
というような気もしています。

| | コメント (4)

1月25日の飛沫着氷いろいろ

1月25日に撮影した飛沫着氷の写真を
さらにいくつか紹介しますね。

01251
(※写真はクリックで拡大)

01255
(※写真はクリックで拡大)

01252
(※写真はクリックで拡大)

01253
(※写真はクリックで拡大)

01254
(※写真はクリックで拡大)

飛沫着氷は、跳ねる水しぶきが
つくりだす氷の造形です。

そして、この水しぶきが
滴るときにできる「つらら」を
飛沫氷柱と言います。

飛沫着氷と飛沫氷柱は、
メカニズムが共通しているため、
同時に見られることが多く、
しばしば組み合わさって、
より複雑な造形をつくりだします。

そこにさらに雪や霜、つらら、氷筍など
別要因でできた氷が組み合わされたり、
融けかかったのが再度凍結したり…。

その場所場所の細かい状況に応じて、
姿かたちが同じものはひとつとしてないくらい
無限大の可能性を秘めている現象です(*´▽`*)

| | コメント (3)

手のひら形の飛沫着氷

1/25の雪氷探索では、
飛沫着氷と飛沫氷柱の写真を
大量にゲットすることができました(*´▽`*)

飛沫着氷飛沫氷柱は、
川沿いなどで水しぶきがかかるところに
見られる氷の造形です。

跳ねた水しぶきが少しずつ凍りつき、
時間をかけながら大きな成長します。

凍りつく場所、水しぶきの量、
気温や風などの条件によって、
そのかたちは多彩で、見ていて飽きない現象です。

この記事では、今回撮影したものの中から、
横に成長して、手のひらのような形に
なったものをいくつか紹介しますね。

01252
(※写真はクリックで拡大)

01255
(※写真はクリックで拡大)

おそらく、水しぶきが四方八方から
不規則に激しくぶつかるために、
こんなギザギザした不思議な形になるのでしょうね。

こちらは、雪解け水がつくった
「つらら」にできた飛沫着氷です。

01254
(※写真はクリックで拡大)

もうひとつ、まあるい飛沫着氷もありました。
ここは水しぶきの当たりかたが比較的穏やかなのかな?

01251_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

-16℃の世界へ

1/25は、数年に一度クラスの
寒波が到来…ということで、
長野方面に雪氷探索に行ってきました

かなりバタバタしていたので、
今季初の本格的な雪氷探索です(^-^;)

ずーーーーっと自宅周辺で我慢していたので、
相当フラストレーションがたまっていたようです。
探索時間は半日程度ですが、
気づいたら800枚近くも撮影していました。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

じつは今回の雪氷探索は、
あわよくば光柱も…なんて思い、
日付が変わった直後に家を出て、
まだ暗いうちに現地入りしました。

光柱は残念ながら…o_ _)oパタ

その代わり、朝日にキラキラと照らされる
ダイヤモンドダストを堪能することができました(*´▽`*)

01251
(※写真はクリックで拡大)

温度計を持っていながら、
測定し忘れてしまったのですが、
道路に設置された電光掲示板は
-16℃を表示していました☆


いちおう動画も撮ったので、
アップしておきますね。

WMV形式とMP4形式に変換しました。

2018年1月25日早朝ダイヤモンドダスト
WMV形式(35MB)/●MP4形式(3.2MB)

※WMV形式のほうが画質は良いですが、
その代わり35MBあります(^-^;)
※また、すぐ横を道路が走っていて、
車の走行音がかなり入っていますので、
音量に注意してください。


----
余談ですが、わぴちゃんが
ダイヤモンドダストを初めて見たのが
2016年1月25日…。
そして、このダイヤモンドダストは
2018年1月25日…。

1月25日は、わぴちゃんにとって
ダイヤモンドダスト記念日ですね
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


| | コメント (5)

«立つ鳥、しっかり跡を残す