2019年ツバメ初見

おととい(3/16)の話です。

ツピーーーー!!
ツピツピーーーー!!

という元気な声が聞こえたと同時に、
言葉では表現しがたい
おなじみの声…。

そして、声のするほうを見ると
いました、ツバメさんです。

ということで
ツバメの初見日となりました。

いつもなら追っかけて
初見の記録写真を撮るのですが、
ここのところの激務でくたびれていて、
気力がなく、写真は無しですo_ _)oパタ

2007年以降で最も早い
初見となりました。

_n
(※図はクリックで拡大)


-----------------
【参考】過去のツバメ初見日

2019年…3月16日(今回)
2018年…3月29日
2017年…3月31日
2016年…4月9日
2015年…3月22日
2014年…3月24日
2013年…3月26日
2012年…4月3日
2011年…4月7日
2010年…3月23日
2009年…3月20日
2008年…4月4日
2007年… 3月29日

※この記録は、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※出典さえ明示していただければ、
ご自由に引用してくださって構いません☆
-----------------

| | コメント (1)

いろいろ…

またまたご無沙汰してしまいました o_ _)o
確定申告に追われていました o_ _)o

想定以上に書類の量が多く
…いや今までの中で一番書類が多く、
最もやりごたえのある確定申告でした(^-^;)

昨日無事に提出が完了しました o_ _)o

2019年2月13日のブログに載せた、
岐阜方面タンポポ、タネを蒔いてから1ヶ月半で
ここまで大きくなりました(*´▽`*)

180520a_0313
(※写真はクリックで拡大)

それから、昨年の話になりますが、
このブログにも載せた
ピサンリ(フランスのタンポポ)。

購入したタネを蒔いて1年が経過…。
生育が緩慢だったので心配していましたが、
真ん中につぼみが…(*´▽`*)

0313
(※写真はクリックで拡大)

これも楽しみです(*´▽`*)

| | コメント (2)

2019年モンシロチョウ初見

昨日(3/5)は、
晴れてぽかぽかでしたね(*´▽`*)

野原にも春の足音が日ごとに近づいてきていて、
昨日はついにモンシロチョウの
初見を確認いたしました(*´▽`*)

2匹見つけましたが、今年は初見の写真を
撮り損ねてしまいました(>ω<。)

羽化したてのフレッシュな子たちなので、
元気がよくてなかなか止まらないんですよね。

水路の向こうに飛んで行ったときは、
わぴちゃんもいっしょに水路を飛び越えましたが、
その後は見失ってしまいました (´・ω・`)

ちょうちょを追いかけて、
水路をぽんっと飛び越えるわぴちゃん…
「いい年して…」って突っ込みが入りそう
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

-----------------
【参考】過去のモンシロチョウ初見日

_n
(※写真はクリックで拡大)

2019年…3月5日(今回)
2018年…2月28日
2017年…2月25日
2016年…3月8日
2015年…3月12日
2014年…3月16日
2013年…3月8日
2012年…3月29日
2011年…3月11日
2010年…3月20日
2009年…2月3日
2008年…3月11日
2007年…3月21日

※この記録は、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※出典さえ明示していただければ、
ご自由に引用してくださって構いません☆
-----------------

モンシロチョウは撮り損ねましたが、
アカタテハを写すのに成功したので、
代わりにアカタテハの写真を載せておきますね

アカタテハは成虫越冬組なので、
頑張って生き抜いてきた「証」が
翅に刻み込まれていますね

Photo
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

飛びはじめています

成虫越冬ではないチョウが
ついに飛びはじめました(*v_v)o

モンキチョウです(*v_v)o

03021
(※写真はクリックで拡大)

03022
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃんは、モンキチョウの初見記録
定点観測で取っていますが、
今年(2019年)は3月2日が初見日となりました。

じつは2月24日にも何匹か飛んでいるのを確認していますが、
定点外の別な場所なので、参考記録扱いにしました。

モンシロチョウは今のところまだですが、
時間の問題でしょうね(*´▽`*)

-----------------
【参 考】モンキチョウ初見日の推移

2019年…3月2日(今回)
2018年…欠測
2017年…3月11日
2016年…2月16日
2015年…3月12日
2014年…欠測
2013年…3月16日
2012年…3月12日
2011年…欠測
2010年…2月24日
2009年…3月7日
2008年…3月2日
2007年…欠測

※この記録は、
わぴちゃんオリジナルの観測データです。
※観測点は千葉県野田市(旧・関宿町)です。

※出典さえ明示していただければ、
ご自由に引用してくださって構いません☆

| | コメント (2)

講演会のお知らせ…そしてお詫び(^-^;)

2019年3月10日(日)、神代植物公園にて、
「知っているようで知らない外来植物」という
講演会の講師をします。

2月終わりごろにでもブログで告知を
…なんて、構えていたら、
あっという間に定員に達して
応募締め切りになってしまったようでびっくり!

自分でも予想していなかったうれしい悲鳴です
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ただ、告知が間に合わなかったのは反省o_ _)o
お詫び申し上げます。

もうひとつ、講演会があって、
こちらは申し込み不要、
当日参加で間に合いますので、
お知らせいたします(*v_v)o

-------------------
平成30年度野田市史講演会
「野田市史集中講座 野田の自然史 過去・現在」

日 時:2019年3月17日(日) 13:30~16:15

場 所:野田市役所 8階大会議室
受講料:無料
参加方法:申し込み不要

詳しくはこちらをご覧ください。

| | コメント (0)

春の陽気に誘われて…

ここのところ春本番のような
暖かい日が続いていますね(*´▽`*)

この陽気に誘われて、
成虫越冬組の虫さんたちが
陽だまりに出てきていました(*v_v)o

まずは田んぼの周りにいっぱいいた
ハネナガヒシバッタさん☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

田んぼの土と同じような色のため、
じっとしていると見つけるのは大変(>ω<。)

ぴょんぴょん跳ねていたので
見つけることができました☆


そしてツチイナゴさん(*v_v)o

Photo
(※写真はクリックで拡大)

「冬なのになんでバッタが?」
と、ざわついたときは、
おおかたクビキリギスか、この子です。

ツチイナゴは、目の下に涙の跡のような
黒い模様があるのが特徴です☆

…そこそこ大きなバッタさんですが、
枯れ草に紛れるとまず見つけられません。

ということで、
かくれんぼクイズです☆

次の写真、ツチイナゴくんは
どこに隠れているでしょうか☆

Photo_2


| | コメント (5)

騙されるとこだった

このタンポポは…
葉の色やかたちが在来種っぽい雰囲気。

02241
(※写真はクリックで拡大)

02242
(※写真はクリックで拡大)

総苞はカントウタンポポっぽいかたち。
ちょっと色味が変かな?

でも在来種も環境要因で
こういう色合いが出ることもあるし
やっぱりカントウタンポポかな?

02243
(※写真はクリックで拡大)

・・・・!!!!

赤い!!!
前言撤回!!o_ _)oパタ

Sect. erythrospermaに
分類されるタンポポ、つまり、
いわゆる「アカミタンポポ」系です。

しかし「アカミタンポポ」の系統も、
何十種類とありますけどね(^-^;)

ただ典型的なerythrosperma節の
タネと比べると、嘴(cone)のかたちが
ちょっとちがう??

タネの写真は
まだちゃんと撮っていませんが、
どちらかというと
カントウタンポポのかたちに近い?

となると、これは…

「アカミタンポポ節の一種×カントウタンポポ」

かもしれません。

あとでちゃんとタネの写真を撮らなきゃね。

| | コメント (2)

なぜかタネだけ…

昨年5月、岐阜方面に
行ったときのことです☆

とある河川敷広場で、出発間際に
外来系タンポポのタネ「だけ」を採りました。

「だけ」と強調したのは、
そのタンポポ自体の
写真を撮っていないためです(^-^;)

なぜ写真を撮らなかったのに、
完全にスルーせずにタネを採ったのか、

当時のわぴちゃんの行動が
とっても謎なのですが、
何か野生の勘のようなものが
はたらいたのかもしれませんね(^-^;)


帰宅してそのタネを観察・撮影してみると、

180520
(※写真はクリックで拡大)

あれあれ?
何でこんなにつるつるのっぺり?

わぴちゃん、タンポポのタネも
片っ端から記録していますが、
現時点では、これと同じ形態を示す
タネは見つかっていません。

…やっぱり野生の勘?(^-^;)


これのタネも蒔いたのですが、
数日程度で発芽し、
播種から約2週間で
ここまで育ってきました。

180520a_
(※写真はクリックで拡大)

180520a_2
(※写真はクリックで拡大)

うまくいけば今春咲くかな?

| | コメント (5)

窓についた雪の結晶

2月9日、11日と、
関東地方では雪が降りました。

わぴちゃんとこは、
本日11日は積雪にはなりませんでした。

一方で9日降雪時は2cmほど積もり、
翌朝、車の窓ガラスには窓霜だけではなく、
雪の結晶も張りついていました。

その雪の結晶を撮影したので
いくつか載せますね(*v_v)o

1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

4
(※写真はクリックで拡大)

5
(※写真はクリックで拡大)


一夜明けたもので時間が経っているため、
形がくずれたりしているものも多いのですが、
それでもやっぱりキレイですね。

多くの雪氷研究者が
魅了されるのもうなづけます(*´▽`*)

「桜の花より足元の野花」派のわぴちゃんは、
雪の結晶よりも霜の結晶に
目が行きがちなんですけどね
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (3)

タネがちがいます

これは2018年4月28日に撮影したタンポポです。

0428a


カントウタンポポっぽいですが、
わぴちゃん、何かにピンときて、
念のためと標本作成用のサンプルをとりました。

今、ちょうどタンポポ類の種まきを
順次行っているところです。
それで、これのタネも蒔いてみました。

蒔く前にタネの撮影☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


比較用にカントウタンポポのタネも
載せておきますね(*v_v)o

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

色味が全然ちがうし、
タネの上にある嘴の形状も
一目瞭然でちがいますね。

…ということで、これは
カントウタンポポではなく、
外来系統、または雑種系統ですo_ _)oパタ

カントウタンポポ類似種として、
わぴちゃんが提唱した
ニセカントウタンポポがありますが、
これに比べたら、
ずいぶん良心的(?)ですね。

総苞が黒緑色で花粉がほとんどできないなど、
慣れるとぱっと見で判別つくからです。

| | コメント (4)

«恐らくこれらは…