« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

ツユクサ開花

昨日の朝方、いつものように散策したら、
あぜ道でツユクサが数輪開花していました☆

Photo_55

今日はもう5月末日。
ツユクサが咲いてもおかしくない時期に
突入しているのは頭では分かっているのですが、
現物を見てしまうと、


「もうこんなのが咲く季節なんだ
 1年はあっという間だにゃぁ・・・」

なんてたそがれてしまいます
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

| | コメント (1)

アヤメ科の外来雑草?

今日は、日本気象予報士会の定期総会で、
東京都の臨海地域に出陣しました☆★

何年ぶりに乗っただろう・・・りんかい線(笑)
で、予定時刻よりちょっと早めに着いたので、
時間まで周辺のいわゆる雑草を観察しました☆★

セイタカハハコグサ、ウラジロチチコグサ、
タチチチコグサ、チチコグサ、
ニワゼキショウ、オオニワゼキショウ、
ヒメコバンソウ、シロツメクサ...

基本的に整備されているので、
背の低いものしかありませんでしたが、
場所柄外来植物のオンパレードで
ちょっと興奮しました(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪

で。芝地の一角に、妙なアヤメ科と思われる
見たことのない植物がありました。

Sp_2

Sp_1

夕方だったからか、花はしぼんでしまっていましたが、
青紫色の花弁の残骸が見えます。
背丈は10-15cm程度、掘りあげたら球根がありました。

Sp_3

恐らく外来種だと思うんですが、
なにかご存知の方がいらっしゃいましたら
教えてくださいm(_”_)m

それから、球根を何個か掘ってきたので、
正体をつかむために花を咲かせてみたいと思います。

| | コメント (3)

赤花のシロツメクサ

昨日の話ですが、いずれ宅地が建つであろう
造成地を通りかかったところ、
真っ赤な花をつけるシロツメクサを発見しました

Photo_51

桃色の花を咲かせるシロツメクサである、
モモイロツメクサは時折見かけますが、
真っ赤なのは初めて見ました☆

※比較参考用;モモイロツメクサ
Photo_54

草姿はシロツメクサで、花色が
真っ赤なだけの品種レベルの相違ですが、
ただのモモイロツメクサの一型なのか、遺伝的に安定な形質なのか、
植物分類学的に名前をつけて
分類することができるのか調査するために、
少し株を頂いてきました。

葉はこんな感じです。

Photo_52

ここ、ものっすごい数のシロツメクサが
これでもかってほど花をつけていましたが、
宅地になるのも時間の問題だ…と
考えるとちょっぴり寂しくなりました...( = =)遠い目

Photo_53

もし、遺伝的に安定な形質で
名前をつけるとしたら
アカシロツメクサ(赤白詰草)??(笑)
びゃははは (≧ω≦)b

| | コメント (1)

巨大タンポポ

ちょっと前の発見ですが...

コンビニに寄った際に
道ばたで見つけたタンポポ...

2_7

ビニル傘よりでかいよーー(≧▼≦)ノ

Photo_50

| | コメント (3)

Arum italicum開花。

Arum italicumは、わぴちゃんちの庭に
2-3年からあるサトイモ科の球根植物です。

購入当初は手のひら大程度の葉っぱしかつけず、
花も咲かないで終わっていたのですが、
今年は、2月頃から葉っぱがグングンと成長して
4月には、葉身は30cm超、
葉柄は70-80cmまでになりました☆

Photo_47


んで、5月連休頃につぼみを発見。
つぼみはどんどん大きくなり、
5月13日の段階では角のようになり、長さは30cm程度ありました。

Photo_48

そして、13日夜、帰宅時にArum君の所を通過したら、
なんと開花していたのです(≧▼≦)ノ

Photo_49


サトイモ科特有の花ですね。
似たような形の花をつける
ミズバショウとか、スパティフィラムも
Arum italicumと同じサトイモ科です。

なにせ真っ暗のなかの取材だったので、
画質が悪くて申し訳ございません(ノ_・。)

この植物は日中も咲いてくれるのかは
明日にならないと分からないので、
保険で押さえたのです★

花は結構臭いがきつかったです。
芳香というよりは悪臭って印象だったよ~

生ゴミの臭いを百合の芳香剤でごまかしたような...(笑)

続きを読む "Arum italicum開花。"

| | コメント (0)

ムラサキエノコロ出穂

5月3日、自転車で外出した際に
「ムラサキエノコログサ」の穂が
出ているのを確認しました(≧▽≦)ノ

Photo_46

昨年は6月30日初見だったので、
今年ははやっ!!

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »