« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

ナガエコミカンソウの花

今、庭で花盛りであるナガエコミカンソウの
花の写真を撮りました☆

よーーーく見ると、雄花と雌花があります。

まずは雄花。
白っぽく丸いがくが印象的です。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

つづいて雌花。
雌花のがくは黄緑色で先が尖っています。

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

またこの花が小さい小さい(笑)
雄花・雌花とも、花の大きさが1mmあるか否かで、
撮影がものっすごく大変でした。

わずかに風があると、すぐにぶれてしまうのですー(ノ_・。)

続きを読む "ナガエコミカンソウの花"

| | コメント (0)

サトウキビ生育ちぅ☆

5月頃だったかなー?
とある道の駅で、サトウキビの苗が販売されていました。

サトウキビは興味があったのですが、
さし木用の枝が1000円以上と高価だったため、
今まで手を出さずにいました。

しかし、その道の駅で売られていたのは、
土に植えられた「苗」の状態のもので、
生育も良好、さらに500円と安価だったため、
購入して育てることにしたのです☆


さっそく、大きめな深鉢(9号くらいだったかな?)に植えつけ、
沖縄のサトウキビ畑のように
直射光がバンバン当たるところに置きました。


それから、2ヶ月弱が経過し、
サトウキビ君は順調に生育しております☆

Photo_8
(※写真はクリックで拡大)


葉の部分を含めると
わぴちゃんの背丈を追い越しました。
でも、桿の部分は1mあるかないかで、
まだまだ伸び盛り・・・という感じですね。
Photo_9
(※写真はクリックで拡大)


収穫期は秋とのこと、
秋までにはもっと桿が立派になってほしいです☆
そして、桿をかじってみたいです☆


それから、屋内に取り込む必要はありそうですが、
越冬にもチャレンジしたいですねー

| | コメント (0)

タタラカンガレイの造形美

タタラカンガレイという
湿地に生える植物があります。

その植物の茎の断面の
写真資料を作ったのですが、
この形、すごいですねー。

Photo_10
(※写真はクリックで拡大)


三角形の周りに三角形が3つ、
なんとなく無機的な美しさがあります(笑)

| | コメント (0)

ツルニチニチソウに果実。

今朝、チェックしたら、
育てているツルニチニチソウに
1個だけ果実がついていました★

ツルニチニチソウの結実は、
とても珍しいと思いますヾ(〃^∇^)ノ

Photo_11
(※写真はクリックで拡大)


続きを読む "ツルニチニチソウに果実。"

| | コメント (0)

鷺山を見てきました。

知り合いから、近所に サギ山ができているとの
通報(笑)を受けたので、
さっそく、現場を見てきました☆★

現場はわぴちゃんちから
車で10分程度の利根川堤防に面した竹やぶです。

車から降りると、「キーキー」と
動物園を彷彿させる賑やかさ…(笑)
さらに、声のする方へと向かって歩いていくと、
プーーーーーーーンと鼻をつく、
濃縮された鳥のフンのか・ほ・り(>ω<。)

そして、

鳥のフン臭にむせ返りそうになりながら、
わぴ特派員が見たものは!!

竹ヤブに群がる大量のサギ、サギ、さしてサギ(笑)

1
(※写真はクリックで拡大)

2_2
(※写真はクリックで拡大)

3_3

(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃん、野鳥分野はあまり明るくないので、
何サギかまでは特定できませんでしたが、
ものすごい数のサギに興奮して
シャッターを切りました☆★


「サギ山」って、サギ類の
子育て用の巣が集結したものです。
生まれてはじめて、現物を生で見たので、
感動も一入でした(≧▼≦)ノ

あと、すざまじいにおいと鳴き声もね。(笑)

| | コメント (0)

ヒガンバナ開花!?

今日は、午前中は野草観察会、
午後は知り合い有志数人で
別な場所へ植物を見に行きました(≧▼≦)ノ

そのときに見つけたのですが、
なんと、通常は9月のお彼岸の頃に咲くはずの
ヒガンバナが咲いていたのです!!


早すぎーーーーー!!

ここのところ涼しいから
秋と勘違いしたのかな??(笑)

ついでに、昨年押さえることが出来なかった、
ヒガンバナのつぼみと咲きはじめの姿も撮影しました。

まずはつぼみ。。

そして、咲きはじめの姿です。
咲きはじめのこの清楚な花姿、わぴちゃん好きです(≧▼≦)ノ


| | コメント (0)

虹が出ました。

台風4号の影響で、
わぴちゃんところも
午後を中心に風雨が強まりました。

夕方には雨が止み、晴れ間が出てきたので、
ちょろっと外に出て見ると、
虹が出ていました(≧▼≦)ノ

もちろん、激写モードオン☆
風が強くて(風速10m/s程度)、
髪が乱れに乱れてしまいましたが、
ひさしぶりにいいものを拝むことができました。
v(=∩_∩=) ブイブイ!!

台風通過後も、まだ、吹き返しの風が
強い状態が続きますので、
皆さんお気をつけてください。

| | コメント (0)

子ども体験学習ボランティア

今日は、柏市の県民プラザで
子どもたちに体験学習の場を提供する
夏の文化系イベント、
「夏まつり-子どもたち、全員集合」が
開催されました。

わぴちゃんは、そこにお呼ばれして、
個人ブース出展を行いました☆

いわゆる個展です(笑)


本来、わぴちゃんは、
県民プラザの庭で子どもたちを連れて、
植物や昆虫とふれあう観察会を
担当する予定だったのですが、
この天気なので、屋内で雨天時用の
内容へと切り替えました。

道ばたやそこいらに生えるいわゆる葉の細長い雑草、
正式にはイヌビエとか、
メヒシバとか名前がついていますが、
そういう草の葉を使って草笛を鳴らそう、
というブースに仕上げました☆

昨日の段階で今日が雨なの分かっていたので、
昨日、急遽、庭からメヒシバやイヌビエなど
草笛になる草をとにかくかき集めて、
トロ箱に植えて、ブースに置きました

これを運ぶのがまた重かったぁーーー(>ω<。)


今日は、結構子どもたち遊びに来ていて、
わぴちゃんが葉っぱで「ブゥーー!!」とか
「ピーーー!!」とか鳴らすと、
子ども達が寄ってくるのです☆

そして、一緒に草笛を吹いて遊びました(≧▼≦)ノ


※肖像権保護の観点から
わぴちゃん以外の顔にはぼかしが入ってます。

昔と違って、今は野原で遊ぶ機会が少ないためか、
わぴちゃんの指導が悪いのか、
草笛を鳴らせずじまいなかった子が
結構多かったのが心残りでした。

草笛が鳴った率は、子どもで60%程度、
大人で80%程度でした。

メヒシバ・イヌビエ笛は
ちょっと難易度高かったかな??
来年へ向けての反省点です。

一方でピーって鳴った子は大喜びして、
何度も何度も遊びに来てくれました☆

それから、お父さんお母さん世代も、
結構はまってしまうようで
何度もあそびに来てくださった方も
たくさんいました★

今日はボランティア(必要経費は出ました)で
参加しましたが、ひさしぶりに
子ども達と楽しく遊んで、
童心に帰った一日でした(≧▼≦)ノ

※今日の写真はその時の様子です★
 肖像権保護の観点から、
 わぴちゃん以外の人の顔には
 ぼかしを入れてあります。

| | コメント (3)

いやん(*ノωノ)

そんなに見つめないで・・・(*ノωノ)

2007_4


続きを読む "いやん(*ノωノ)"

| | コメント (4)

ニイニイゼミ初鳴き。

お昼にお弁当買いに行った際…。


ジーーーーーーーーーーーー。


って、ニイニイゼミの鳴き声が聴こえました☆
ということで、今年初の
ニイニイゼミの鳴き声確認でーす☆

セミの季節到来ですね(≧▼≦)ノ


今日は鳴き声だけしか確認できていないので、
写真は昨年撮ったものを貼り付けますm(_”_)m

本当は、初見・初鳴きと同日に写真が取れればいいのですが、
昆虫など、動く生物はなかなか難しいですねー。
がんばります・・・。

| | コメント (2)

Trifoliumの不明種

今日は、地元の博物館で
自然観察会の講師をしてきました☆

そのときに、アカツメクサの群落に混じって、
1個体だけ、ちょっと変わったTrifoliumを見つけました。

観察会時はお客さんがいるので、
とりあえず場所だけ覚えておき、
終わったあとに再度現場に言ってしっかり観察&標本採取です★

パッと見、全体はアカツメクサに似たスタイルなのですが、
花弁がなく、がく片が目だってマリモのようなスタイルです。


このマリモ部分にはたくさんの花が集まってできていたので、
1つの花だけを取りだして、それを撮影してみました。

すると、がく片には伏毛が密生し、がく片の先の裂片には、
ながく縮れた毛がまばらに生えていました。

葉は丸みを帯びて、アカツメクサに近い印象です。

恐らく、帰化植物だと思いますが、
なにか情報をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いいたします。

| | コメント (2)

ムラサキミゾホオズキ

ムラサキミゾホオズキ(Mimulus ringens)という
ガーデニング用の湿生植物があるのですが、
そやつがとんでもないところから出てきました(笑)

なんと湿生植物の分際で、わぴちゃんちの塀と道路のところの
アスファルトのわずかな隙間に出てきたのです(≧▼≦)

ど根性ですね。。


わぴちゃんちでは2002年頃に栽培していた記憶があるのですが、
その後枯れてしまい、数年が経過していたので、
ムラサキミゾホオズキのことはすっかり忘れていました。

種子? 茎が残存してた?
この点でもど根性です。
それに、この生命力は、気をつけないと
外来植物としてはびこる恐れがありますね。。。

ここだとまずいので庭のトロ箱への
移植を計画しているのですが、
場所が場所なので難航しそうですね

移植前に保険用に挿し木苗を
作っておこうかな??

| | コメント (0)

エノコログサポップコーン

今日は、午後1時間ほど使って、
ポップコーンを作る実験をしました☆★

といっても普通のポップコーンではなく、
エノコログサ(通称ネコジャラシ)でつくるものです☆

エノコログサは、雑穀のアワ(粟)の原種で、
粟と同様食用になります☆
醤油と共に炒めたり、
天ぷらにして利用するのだそうです。

さらに、エノコログサの穂をしごいて、
実を集めて、それを乾煎りすると、
ポップコーンのようにぱちんと弾けるとの記載が
文献にはあるのです☆

わぴちゃんは観察会の講師をしているので、
こういったネタは、
観察会時に使うとうけがよいのです☆

しかし、文献の記述をそのまま伝えるだけでは
なんもおもしろくありませんし、
参加者の満足度も上がりません。
そこに、わぴちゃんなりのエッセンスを
加える必要があるのです★

ということで、自分で実際にポップコーンにしてみて、
観察会時のレクチャーに役立てようと実験したのです☆

まず、エノコログサを集めてきて、
それをしごいて毛を除去して乾燥させます☆

それをフライパンで何もひかずに乾煎りします☆
火力はいろいろ試しましたが、
ものが小さいので強火だとすぐにこげてしまいます。
弱火~中火がいいようです☆

で、2-3分そのままにしていると、


パチッパチッ!!


弾けたぁーーーー(≧▼≦)ノ
まるでミニチュアなポップコーンを彷彿させるように
パチンぱちんと弾けたのです☆

しかし、ポップコーンほどダイナミックではなく、
全部弾けるのではなく不発も多かったですねー。

でも、弾けたやつを見てみると、
実から白い物が飛び出ていて、
ミニチュアサイズのポップコーンって感じでした☆

で。炒ってる段階から、すんごくこうばしい香りが
あたり一面にただよいました~☆

醤油で炒めたら、
きっと美味しいだろうにゃぁ…☆


…って、さらっと書いたけど、 エノコログサのポップコーンを
写真付きで公開したのは本邦初かな?(笑)

| | コメント (2)

「レンズ豆」と「ひよこ豆」

最近の大型スーパーでは、
乾物の豆類も珍しいのが並んでいます★

その中で、「レンズ豆」と「ひよこ豆」という、
ちょっと聞き慣れない名前の豆類が売られていたので
だいぶ前に買ってきて資料庫に積んでおいたのです☆

これがレンズ豆。
丸いけど、球ではなく、2次元的なまるです。
そして、虫めがねの凸レンズのように
中心付近が厚くなっているのです☆

そして・・・、

で、こちらが、ひよこ豆☆
名前の通り、ひよこにそっくり☆★
目を書いたら、本当にひよこさんみたいで
可愛いかも(≧▼≦)ノ

で、この豆を買った理由ですが、もちろん、
まくためデス( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

本来は5月にまけばよかったのですが、
5月-6月上旬にかけてはドタバタしていて、
実質まいたのは先週でした。


で、「出るかなーー」と思ったのですが、
雨が2-3日続いたのちに「レンズ豆」が発芽、
「ひよこ豆」もふくらんで根が出ていました☆

下の写真がレンズ豆の発芽シーンです☆★
どんな花が咲くかなー♪
((O(〃⌒∇⌒〃)O))♪ドキドキ


| | コメント (3)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »