« サトウキビ生育ちぅ☆ | トップページ | 関東梅雨明け、キレイな空でした☆ »

ナガエコミカンソウの花

今、庭で花盛りであるナガエコミカンソウの
花の写真を撮りました☆

よーーーく見ると、雄花と雌花があります。

まずは雄花。
白っぽく丸いがくが印象的です。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

つづいて雌花。
雌花のがくは黄緑色で先が尖っています。

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

またこの花が小さい小さい(笑)
雄花・雌花とも、花の大きさが1mmあるか否かで、
撮影がものっすごく大変でした。

わずかに風があると、すぐにぶれてしまうのですー(ノ_・。)

ナガエコミカンソウは、トウダイグサ科コミカンソウ属の多年草です。

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

ただ、熱帯原産の外来植物であり、日本の冬の寒さには順応しておらず、
毎年種子から発生していると考えられています。

ただ、東京など、冬でも暖かいところでは、
多年草として生育しているようです。

ナガエ(長柄)の名の通り、果実は長い柄で茎につながっています。
また、コミカンソウ(小蜜柑草)の名前の通り、
果実は、小さな蜜柑のような形をしていますね☆

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


がくの部分がみかんのヘタみたいに見えますね♪

|

« サトウキビ生育ちぅ☆ | トップページ | 関東梅雨明け、キレイな空でした☆ »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトウキビ生育ちぅ☆ | トップページ | 関東梅雨明け、キレイな空でした☆ »