« カワラケツメイ | トップページ | モヨウビユの花 »

ホソバオモダカ

この季節、稲刈りの終わった田んぼや水田地帯の休耕部分や低湿地などに、
ひょっこりとオモダカの咲いている姿を見かけます。

このオモダカの葉の幅は変異が激しくて、
葉身(ずばり葉そのものの部分)の幅がとても狭いものは
ホソバオモダカ(Sagittaria trifolia f. longiloba)と呼ばれて
品種レベルで区別されることがあります。


ホソバオモダカは別種のアギナシと混同されるくらい
知名度が低いので、
あおぞら☆めいと」のマイナー植物図鑑の中で
紹介しようと思ってはいるものの、
なかなかいい写真が撮れずにいたのでした。

オモダカ→ホソバオモダカの変化は連続しているので、
いかにもホソバって感じのが撮れずにいたのでした。

しかし、昨日の話ですが、知り合いと
地元の植物調査をしているときに、
いかにもホソバオモダカと呼べるような
非常に葉身の細いオモダカに出会うことができ、
写真資料化することができました☆

まずは通常タイプのオモダカの葉の写真をご覧ください。

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


つづいて、昨日撮影で来たホソバオモダカタイプの葉の写真です☆★
ここまで極端だと分かりやすいですね(*´▽`*)

Photo_8
(※写真はクリックで拡大)


そして全体像です☆
すごく撮影に適した個体があったので、
全体のプロポーションも撮ることができました☆

Photo_9
(※写真はクリックで拡大)

ホソバオモダカ、うらやましいくらいの細さですね・・・(^-^;)
わぴちゃんの身体をオモダカ類の葉に例えると、
典型のオモダカどころか、もっとぼってりした葉をつける
オモダカの栽培変種「クワイ」の葉って感じでしょうか(笑)

ということで、おまけで、わぴちゃんが栽培している
クワイの葉も載せときます(笑)
今年はクワイの花を見ることができなかったの(ノ_・。)

Photo_10
(※写真はクリックで拡大)

« カワラケツメイ | トップページ | モヨウビユの花 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ