« シロツメクサの霜 | トップページ | ベニバナサルビアの氷柱現象 »

カラスノゴマの果実と種子

山野に多く生えるカラスノゴマ(Corchoropsis tomentosa)の果実には、
星状毛と呼ばれる放射状の毛が生えています☆

星状毛はとても小さいスケールで、
肉眼では結構きつく、ルーペを使うと分かります☆

先週の金曜日に購入した倍率の高い
マクロフィルターを2枚重ねにして、
なんとか撮影してみたのがこの写真です☆

_2
(※写真はクリックで拡大)

分かりますでしょうか…。
星状というよりはヒトデのように見えますね(*^▽^*)o

この他に、星状毛を持つ身近な野草として、
ビロードモウズイカがありますが、
こちらは、毛が密集しているので、
かなり分かりづらいかもしれません。
これは撮影難易度高そうですが、
今年はチャレンジしてみたい所です。

あと樹木だとグミの仲間が星状毛を持っていますね。


続いて、本日撮影した種子の写真を公開します。

今まで、なんでカラスの「ゴマ(胡麻)」なのか、
分からなかったのです。
で、今日、種子を撮影してみると、
「なるほど、形が胡麻に似ているな」と思えました☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

この種子も、同じく倍率の高い
マクロフィルターで撮ってみました☆
形は胡麻に似ていますが、胡麻と違って表面に凹凸があります。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

そして、果実から種子を撮ったあとの殻をひっくり返すと、
こんな形をしています。
ジグザグな形が面白いですね♪♪

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

|

« シロツメクサの霜 | トップページ | ベニバナサルビアの氷柱現象 »

*果実・種子*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロツメクサの霜 | トップページ | ベニバナサルビアの氷柱現象 »