« ハランの花 | トップページ | ヒメオドリコソウの果実と種子 »

ハコベ類の花柱

今、人里近くで咲いているハコベ類としては、
ミドリハコベ、コハコベ、イヌコハコベ、ウシハコベが挙げられるでしょうか。

これらの花の中心には、めしべの花柱と呼ばれる白い糸状のものがあり、
ウシハコベでは、それが5つ、
ミドリハコベ、コハコベ、イヌコハコベでは、3つです。

今、これらが花時期で、
その写真資料をつくっていますが結構難しいです(笑)
今は、高倍率まで撮影できる設備を
導入しているので少しは撮影が楽になりましたけどねー。。


まずウシハコベ。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

中心の花柱と呼ばれる
白い糸状のものが5つあるのが分かります。
これは比較的大きくて撮影しやすいのですが、
5つがきれいに並んでいるものは結構少なく、
この写真のようにいびつな形になっちゃっているものが多いです。

続いて、ミドリハコベ。
これも撮影し直しの口です(>_<。)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

ミドリハコベはおしべの数が多いので、
花柱の部分にかぶってしまうんですよねー。
なんとか、3つに分かれているってのは確認できますが、
「分かりやすい資料」という観点からは不合格です。

続いてコハコベ。これはかなり撮影しやすいです。
中心の花柱が3つになっているのが分かるでしょうか☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

最後にイヌコハコベ。これはかなり撮影が厳しいです。
というのも、花柱がかなり短く、高倍率撮影を使っても
なんとか確認できる程度にしか写りにくいためです。
さらに、花柱の形が結構崩れていることも多く、
撮影は至難を極めます。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

そして、余談ですが、イヌコハコベの
花柱の写真を撮っていたら、こんなのが撮れちゃいました☆

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

なんか可愛いーー☆★

|

« ハランの花 | トップページ | ヒメオドリコソウの果実と種子 »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

「はこべ」というと~
子供の頃、セキセイインコを
飼っていて、野山に生える
はこべを取ってきては、
インコにあげていたのを思い出します。
インコは、「はこべ」や「小松菜」など
アクの少ない葉っぱを好むのだとか~

投稿: きしちゃん | 2008/04/03 05:34

ハコベは英語でChick weedと言うようで、
海外でも鳥さんの餌にしているとのことです。

わぴちゃん、ハコベを食べたことがありますが、
確かにあくが少なくて食べやすかったと思います。

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/04/03 20:57

きしちゃんも
「春の七草」でハコベを
食べたことがあります。
春の七草では、「ハコベラ」と
呼んでいますね!

投稿: きしちゃん | 2008/04/04 05:45

こんばんは☆

春の七草でおなじみですよね~☆

ところで、外来のイヌコハコベは
食べられるのか、これは謎です(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/04/10 20:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハランの花 | トップページ | ヒメオドリコソウの果実と種子 »