« ハコベ類の花柱 | トップページ | 青クワイと白クワイ »

ヒメオドリコソウの果実と種子

この時期、野原に出ると、ホトケノザに混じって
ヒメオドリコソウのピンクの花が咲いています。
その花はよく見ますが、果実と種子は見たことありますでしょうか。

まず果実の写真です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

シソ科特有のガクの中に、4個の種子が入る形となります。
ただ、若いうちは写真のように、丸い形の部分に
十字の線が入るようなスタイルをしています。

この果実が熟してくると、ガクからにゅるっと種子が出てきます。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

種子に、白いはかまのようなものがついていますね。
お肉でいうと脂身みたいな感じ。

これはエライオソームと呼ばれる物体で、
アリの大好物の味がしています。

このエライオソームでアリを引きつけ、
アリさんに種子を運んでもらうのです。

« ハコベ類の花柱 | トップページ | 青クワイと白クワイ »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ