« ラショウモンカズラ | トップページ | 八重咲きのミツバツチグリ »

アネモネの種子

昨日撮影したネタを紹介します★
アネモネというお花の話題です。

アネモネはこんなお花です。

Photo
(※写真はクリックで拡大)

花壇でおなじみですねo(*^▽^*)o

「アネモネ」は、この仲間の総称で、
ラテン語をカタカナにしたものです。

アネモネの中までお馴染みのものとしては、
イチリンソウやニリンソウ、
シュウメイギクなんかがあげられます☆


アネモネはanemoneで、「anemos」には
ギリシア語で「風」という意味があります。


ちなみにアネモネは英語では、
wind flowerと言います。


なぜ、アネモネに「風」という意味合いが
込められているのかには諸説あるようです。


「風が強くなる早春の頃に花が咲くから」
「風が吹くと花びらがはらはらと散ってしまうから」
というのもありますが、比較的有力視されている説として、
種子の様子からつけられたと言うのがあります。

アネモネは花が終わると、
こんな果実をつけます☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

この果実の周りには、
ふかふかもこもこな種子がびっしりつけられており、
種子が成熟すると、ガマの穂がはじけるように、
綿毛にくるまれた種子が
風とともにあちこちに飛び散ります。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


このように、綿毛がたくさんついている種子が
風によってあちこちに飛ばされることから、
windflowerと呼ばれるようになったと言う説が
今のところ有力のようです。

|

« ラショウモンカズラ | トップページ | 八重咲きのミツバツチグリ »

*園芸植物*」カテゴリの記事

*果実・種子*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラショウモンカズラ | トップページ | 八重咲きのミツバツチグリ »