« わぴちゃん作の気象学教科書 | トップページ | ヒメヘビイチゴ »

イモカタバミの白花種

イモカタバミの白花種が帰化しているのを
近所の荒地で発見しました。


Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

_2
(※写真はクリックで拡大)


神奈川県植物誌2001では、
それをシロバナフシネハナカタバミ
(フシネハナカタバミはイモカタバミの別名)と
していますが、調べてみると、
シロバナイモカタバミの方が定着しているようですね。

とりあえず学名が見当たらないので、
ここではイモカタバミの白花種としておきます☆

ちなみに、参考までに、
普通のイモカタバミはこんな感じです。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

赤紫色の5弁花で、上から見ると、
濃い紫色の線が何本も入っていて、
それがちょっと渦を巻くようなゆがみ方で
中心付近へと収束しています。

さきの白花種でも、線が渦巻状に
中心へ収束するのは変わりないのが興味深いです☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

|

« わぴちゃん作の気象学教科書 | トップページ | ヒメヘビイチゴ »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

きれいですねえ!!
何でも白花はきれいだと感じますが、これは特にいい感じです。
見たいな~~

投稿: 森のどんぐり屋 | 2008/05/02 20:13

イモカタバミの白花はかなり珍品のようです☆
オキザリス系の白っていいですよね~(*´▽`*)

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/05/05 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わぴちゃん作の気象学教科書 | トップページ | ヒメヘビイチゴ »