« あとすこしで竜巻(>ω<。) | トップページ | ミチヤナギ »

くるくるまわる種子、カラスムギ

土手や道端、荒地、野原などに生える
イネ科雑草の1つにカラスムギというのがあります。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

カラスムギの種子はこんな形しています。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

1本の長い芒がしゅっと出でているのが特徴です☆

この芒はまるでこよりのようにねじれています☆

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

そして、種子を水でぬらすと、
この芒が回転してねじれが取れていくのです☆★

最終的には、ねじれがなくなってしまいます。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

なお、種子が乾燥すると
再び芒はねじれてもとに戻ります。

わぴちゃんが実験して撮影した
芒が回転する様子のGIFアニメは
こちらをご覧くださいね♪

回転している芒が何かに引っかかって固定されると、
今度は種子が回転をはじめます。
そうすると、種子はドリルのように
土の中にもぐりこんでいき、
土に落ちた種は土の中に入り込んでいくのです★

水分を検知すると
自分で土の中にもぐっていき、
そして土の中で発芽する…。

なんて巧妙にできた種なんでしょう(*´▽`*)

これを初めて文献で読んだときは
「へぇーーーーーー!! いいこと知った!!」
と感動しました。
そして、自分の目で確かめてみたい!!
なんて思っちゃったもんで、
カラスムギの種子の採取して
実験しちゃいました(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪


本に書いてあることを
実際に試して写真を撮るなんて、
わぴちゃんかなり物好きですよね
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

次は、オオバコの種子を濡らすと
ぬるぬるした液体が出て膨らむ…
というのを実験したいなと思っています☆
まだオオバコの種子はちと早いので、
種子ができるのを楽しみに
待ちたいと思いますにゃん☆

|

« あとすこしで竜巻(>ω<。) | トップページ | ミチヤナギ »

*外来植物*」カテゴリの記事

*果実・種子*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あとすこしで竜巻(>ω<。) | トップページ | ミチヤナギ »