« ミチヤナギ | トップページ | ふわぴかちゃんバージョンアップ »

タツナミソウの種子はどこに。

※以下の記事は
コバノタツナミについて書きますが、
他のタツナミソウ類も
同様の特徴があるものと思います。

---------------
今、タツナミソウの仲間は
多くが花を終えて
果実期に入ろうとしています。

がくの上側と下側が
ペタンコとくっついて平べったい形になり、
かなり特徴のあるスタイルになっています☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


この果実のどこに種子が
入っているのか疑問に思ったので、
果実を大解剖して見ることにしました。

え? 大解剖だなんて表現が大げさ?
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪


まず、果実を上から見るとこんな感じです。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


しかし、横から覗いてみると、
もう1枚ペタンとくっついているのが分かります。


Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


これが、熟してくると、
上を覆っているがくが次第に外れ…。
_
(※写真はクリックで拡大)


下のがくだけが残ります。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


この下のがくの上に種子が
4個乗っかっているという具合です。
__2
(※写真はクリックで拡大)

風かなんか吹いて揺すられると、
乗っかっていた種子が四方に飛び散るようです。


植物たちのこういったからだのつくりって
非常によくできているなーといつも感心させられます☆

|

« ミチヤナギ | トップページ | ふわぴかちゃんバージョンアップ »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミチヤナギ | トップページ | ふわぴかちゃんバージョンアップ »