« ヘクソカズラの虫こぶ。 | トップページ | ゴマノハグサ »

オオヒナノウスツボ

オオヒナノウスツボ(Scrophularia kakudensis)は、
ゴマノハグサ科ゴマノハグサ属の多年草です。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

山野の日当たりのいいところに生えますが、
わぴちゃんところでは比較的珍しい存在です。

草丈は1mを超えかなりがっしりとしています。


オオヒナノウスツボは
漢字で書くと「大雛の臼壺」です。

花の形が臼や壺のような形をしているから
その名前があります。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃんが撮影したオオヒナノウスツボは
花から蜜が出ていました☆


花茎には腺毛と呼ばれる
ねばねばした液体を出す毛があります。

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

葉はこんな感じです。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


ゴマノハグサ属はみんなこんな感じの
独特な葉の形をしていますね。

|

« ヘクソカズラの虫こぶ。 | トップページ | ゴマノハグサ »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘクソカズラの虫こぶ。 | トップページ | ゴマノハグサ »