« ノカンゾウの果実 | トップページ | 今日は立秋です。 »

ミチバタガラシ

もうそろそろシーズンは終わりなのですが、
今日はミチバタガラシ(Rorippa dubia)を紹介します☆

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

ミチバタガラシは名前の通り
「道ばた」に生えるイヌガラシの仲間で、
ちょっと古い感じの道路のアスファルトのすき間、
それからじめじめした庭の日陰などに生育します。

こう書くとなにやら路地裏ではびこっている
雑草というイメージがありますが
意外に個体数は少ないです。

また、くぼみの間にすっぽり収まるような
這い性の草姿をしているため、
生えていても通行の邪魔にはなりません。

花はこんな感じです。花弁はありません。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

写真から分かりますが、
おしべは5個、めしべは1個です。

花弁がなくて草姿が非常によく似ているのに
アオイヌガラシがあって、
よく誤同定しがちなので注意が必要ですね。

※ここではアオイヌガラシとの同定方法は割愛しますね。

葉はこんな感じです。
丸っこくて緑緑してみずみずしいのが特徴です。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

果実はこんな感じです。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


ミチバタガラシでは、葉は緑色、
茎、果実は茶色をしていることが多く、
また、果実はまっすぐ一直線になる傾向が強いです。

|

« ノカンゾウの果実 | トップページ | 今日は立秋です。 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノカンゾウの果実 | トップページ | 今日は立秋です。 »