« キツネノマゴの果実と種子 | トップページ | アマチャヅル »

オオブタクサ

今日は、オオブタクサ(大豚草)という
植物を紹介しますねー☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

これがオオブタクサです☆
今がちょうど花期で、いたるところで
オオブタクサの穂が出ています☆

オオブタクサの花には
雄花と雌花があります~☆

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


上部の長い穂みたいな部分が雄花の集まり。
下部で、苞葉に隠れるようにして
地味に咲いているのが雌花です。

雄花を上から見ると…。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


横から見ると…。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

下から見ると…。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

そして、雄花はものっすごく花粉を飛ばします。
穂を揺するともぁーっと黄色い煙が
たちのぼるほどです(>ω<。)

雄花が満開の時は、
こんな感じで葉も花粉まみれになります(笑)
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

雌花はこんな感じ☆
白い糸みたいなのが2本出て、
そこに花粉がつくのをじっと待っています~☆


果実期に入るとこんな感じです。
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


そして、オオブタクサは、
ものっすごく背が高くなります(>ω<。)

これを見てくださいな。
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)


奥でたくさんそそり立って
ヤブを形成しているのはすべてオオブタクサです。
手前に止まっている車と比べると
いかに大きいか分かりますねー(>ω<。)

|

« キツネノマゴの果実と種子 | トップページ | アマチャヅル »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

こんにちはtrain
もしかして、おおぶたくさは、
うちの近所に壁を作ってるかも!

ところで、わぴちゃん。
教えていただきたいコトがあるのですが、

朝顔ってね、
朝(咲いているとき)と
夜(しぼむトキ)と
色が違うの・・・。
わたし今まで知らなかったのだけど、
どぅしてかしら??って思って。

うちにある朝顔は
濃い青だったり、淡い青。
それが昼過ぎ頃から、赤色が入り、
紫色や、桃色に・・・なってるの。

科学的な何かがあるのかしら?
教えていただけたら・・・お願いします。

投稿: くろもじ | 2008/09/20 11:39

わぴちゃん こんばんは~。
オオブタクサって大きくなるんですね。
家一軒、スッポリ隠れそうですね。
わぴちゃんのカメラ 一眼ですか?
本当に綺麗で素敵ですね。

わぴちゃんのブログを私のブログで紹介したいと思うのですが、いかがでしょう?
ご都合が悪ければ遠慮なく、おっしゃって下さいね。

投稿: ヒロ | 2008/09/20 23:26

◆くろもじさん

あ。確かに青い花のアサガオもしぼむときは赤紫色になりますよねー。

じつはわぴちゃんも、
いまいち原因はよく分かっていないのですが、
花の色素に何か原因があるのではと
思っています。

調べてみますねー。

◆ヒロさん

あい♪ ̄▽ ̄)ノ☆
デジタル一眼レフの安いやつを使っています☆
アクセサリとして中間リング、
それからマクロフィルタという、
アップで写真を撮るための道具を
いくつも重ねて頑張っています☆

>わぴちゃんのブログを私のブログで紹介したい
>と思うのですが、いかがでしょう?

もちろんOKですよ(*^▽^*)o

もしヒロさんがよろしければ
御礼として、わぴちゃんの本家サイト
(あおぞら☆めいと内)でリンクコーナーで、
紹介してもいいですかー?

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/09/21 00:02

わぴちゃん おはよう~♪
とっても嬉しいお返事です。
ありがとうございます。
記事の中でわぴちゃんのブログを紹介したと思っています。
私のブログをリンクコーナーで紹介ですか?
勿体ないお言葉です(汗
喜んでお受けいたします(笑
私のカメラは、ポケットデジカメで~~す(笑
今、一眼を買おうか・・・・今のよりレンズが大きいものにしようか悩んでいるところです。

投稿: ヒロ | 2008/09/21 09:55

わぴちゃん、ありがとうございます!
ひゃくにんりきです。
わたしも調べてみますo(*^▽^*)o

投稿: くろもじ | 2008/09/22 06:33

◆ヒロさん

いえいえ、こちらこそありがとうございます。

コンデジでもなかなかすばらしい写真を
撮られていると思いますよー☆

一眼は慣れるまで少々大変ですが、
撮影の自由度が増すのでおススメです☆

リンク集への追加の作業、
もう少々お待ちくださいね♪

◆くろもじさん

アサガオの青色系の花の色素は
アントシアニンであることが分かりました。
そして、このアントシアニンは、
pHによって色が変わる…。
pHが上がれば(アルカリ性になれば)青くなるし、
pHが下がれば(酸性になれば)赤っぽくなります。


そして、青色系のアサガオでは、
咲くときに色素の入っている部分(液胞)の
pHが上がり色素が青色っぽくなります。

液胞は通常は酸性で、開花時に
アルカリ性になりますが、
開花後は再び酸性に戻るので、
アントシアニンの色素は赤っぽくなるようです。

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/09/24 21:23

こんにちは、
ありがとうございます。
お礼が遅くなってしまって済みません。

とっても良くわかりました。
わたしはいまだ、図書館に行けずに、
うじうじしていました。
もうひとつ、
酔芙蓉の色についても調べてみたくってhappy02bud

投稿: くろもじ | 2008/10/09 18:15

◆くろもじさん

酔芙蓉も面白いですよねー。
わぴちゃんの方でも
リサーチしてみますね☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/10/11 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キツネノマゴの果実と種子 | トップページ | アマチャヅル »