« ホトトギスの腺毛状突起 | トップページ | エノコログサとアキノエノコログサ »

メヒシバとアキメヒシバ。

今日はメヒシバとアキメヒシバの
見分け方について紹介します☆

まずは全体像から…。

こちらがメヒシバ。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

そしてこちらがアキメヒシバです。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


全体像はどちらもよく似た
スタイルをしていますねー。


放射状に広がった一つ一つの枝には
たくさんの小穂がついています。

メヒシバとアキメヒシバの
分かりやすい鑑別ポイントは小穂の形状です。

両者を比較したものを掲載します。

左側がメヒシバ、右側がアキメヒシバです。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


小穂を1つだけ撮ってみた写真も載せますね。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


おなじく左側がメヒシバ、右側がアキメヒシバです。
※上記写真の1目盛りは1mmです。

このように、メヒシバの小穂は
細長いレンズ形をしており、
長さも3-3.5mm程度ありますが、
一方のアキメヒシバは、
小穂がずんぐりしていて丸っこく、
長さは2mmに満たないです。


咲く時期も多少ずれているようで、
メヒシバが夏の終わり
7月頃から咲き始めるのに対し、
アキメヒシバは8月お盆すぎ頃から
咲きはじめます。

おまけ☆

メヒシバの花の様子。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


アキメヒシバの花の様子。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

|

« ホトトギスの腺毛状突起 | トップページ | エノコログサとアキノエノコログサ »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ホトトギスの腺毛状突起 | トップページ | エノコログサとアキノエノコログサ »