« 幻日と天頂環☆ | トップページ | クマツヅラの果実と種子 »

10月8日、寒露でした。

今日は二十四節気の1つ「寒露」でした。
寒露は「冷たい朝露が降りる頃」という
意味合いがあります。

もっと季節が進んで冬になると、
朝露が凍った凍露が見られるようになりますが、
平地では1-2ヶ月先のお話です。

昨日の写真ですが、
「寒露」って感じのものが
撮れているので紹介しますね。


昨日の日記にも書きましたが、
昨朝の関東地方はかなり濃い霧が出現しました。

1007
(※写真はクリックで拡大)
10072
(※写真はクリックで拡大)
10073
(※写真はクリックで拡大)

その濃い霧の霧粒と、
それから朝露の相乗効果で、
草々にはたっぷり水分が付着し
美しかったです☆

◆スギナについた朝露
1007_2
(※写真はクリックで拡大)


◆チカラシバについた朝露
10072_2
(※写真はクリックで拡大)


◆シロザについた朝露
1007_3
(※写真はクリックで拡大)


◆アレチウリについた朝露
1007_4
(※写真はクリックで拡大)


◆カゼクサについた朝露
1007_5
(※写真はクリックで拡大)

◆エノコログサについた朝露
1007_6
(※写真はクリックで拡大)


◆シバについた朝露
1007_7
(※写真はクリックで拡大)


◆蜘蛛の巣についた朝露
1007_8
(※写真はクリックで拡大)

草原に朝露がたっぷりできている状態を
「露葎(つゆむぐら)」と言いますにゃ☆


朝露の撮影をするために露葎の中に入るときは、
気をつけないと、靴やズボンが濡れて
ぐしゃぐしゃになっちゃうんですよねー(ノ_・。)
昨日も、帰宅後はズボンを履きかえましたよー

|

« 幻日と天頂環☆ | トップページ | クマツヅラの果実と種子 »

*季節・歳時記*」カテゴリの記事

*露・水玉*」カテゴリの記事

コメント

とてもすてき。

わたしも、先日、
露の景色をみて
 目を潤しました。
陽が昇るとまた光を含んで
とてもステキでした。

チョウド太陽の角度が好くって、
青色と黄色の光に輝いた露たちは
とてもステキな贈り物。ひとりでは
もったいないくらいの幸せにぽちゃんwave

投稿: くろもじ | 2008/10/09 18:22

寒露って甘いの(^^;★\(-.-;)字が違うだろ

ってとこで
エノコロの朝露に一票((((((((^^;って投票してどうする。

投稿: アライグマ | 2008/10/09 21:17

◆くろもじさん

そうなんですよね。
早朝の朝露キラキラって、
人目に触れずそっと美を
アピールしてますよね(*´▽`*)

これからもう少し寒くなると、
今度は霜がキラキラ輝くようになって、
それもまたとても美しいです☆


◆アライグマさん

かんろ…と言えば、
このあたりではフナの甘露煮です☆

それから、カンロ飴って
ありませんでしたっけ?(笑)


投票ありがとうございますー(*^▽^*)o
エノコログサの朝露は
わぴちゃんのお気に入りの1つですにゃ☆

投稿: わぴちゃん☆ | 2008/10/11 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幻日と天頂環☆ | トップページ | クマツヅラの果実と種子 »