« 刺の少ないオオオナモミ | トップページ | イトバヒヨドリ »

オオハルタデ

今日はちょっとだけマニアックな
知名度の低い植物を紹介しますねー。

2008年5月17日付けの日記で、
ハルタデというのを紹介しましたが
覚えているでしょうか☆

これがハルタデです。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

そのハルタデとは変種関係にあり、
夏~秋にかけて咲いて背が高くなるものに、
オオハルタデ(別名:ケハルタデ)と
いうのがあります。

知名度は低いですが、比較的普通に生える存在で、
多くの場合オオイヌタデやサナエタデと
誤同定されているのでは?と思います。

これがオオハルタデの全体像です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


ハルタデと比べると明らかに大きく、
1mを超えるのもざらにあり、
分岐が激しくてぱっと見
オオイヌタデのような印象を持ちます。

花穂も長く、
だらんと垂れ下がる傾向があります。

しかし、オオイヌタデとは異なり、
細かく見るとハルタデの特徴を持っています。

まず、葉の様子。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ハルタデのように
黒い八の字のような斑紋が入ります☆
また、オオイヌタデは無毛ですが、
オオハルタデの葉には微毛があります。
それから、葉脈の側脈ですが、
オオイヌタデでは脈の数がとても多いのに対して、
オオハルタデの脈の数は
オオイヌタデほど多くはありません。


それから、茎の様子も異なります。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


オオイヌタデは茎も無毛ですが、
オオハルタデには、茎に毛が生えています☆


托葉鞘もオオイヌタデとは異なります。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


オオイヌタデの托葉鞘は無毛、
縁にも剛毛はありませんが、
オオハルタデの托葉鞘は縮れた毛が密生し、
縁には剛毛があります☆


花をアップにしてみると…。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


ハルタデと同様、
つぼみや果実は赤っぽい色ですが、
開いている花は白色です☆

そして、これがオオハルタデの種子です☆
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


オオハルタデの種子は円形で
中心がややへこみ加減です☆

|

« 刺の少ないオオオナモミ | トップページ | イトバヒヨドリ »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 刺の少ないオオオナモミ | トップページ | イトバヒヨドリ »