« 帰化ワタ咲く。 | トップページ | オオハルタデ »

刺の少ないオオオナモミ

実は、昨年記事にしそびれたネタなのですが、
近所で、刺が異様に疎らなタイプの
オオオナモミを採取・撮影しています。

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

最初は在来のオナモミかと思ったのですが、
刺が在来のオナモミと比べると長く、果実の感じも異なり、
どちらかというとオオオナモミの一型という感じがしました。

典型のオオオナモミと並べて撮ってみたものを
次に紹介します。


Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


左が典型オオオナモミ、
右が刺が少ないタイプのオオオナモミです。

刺が少ないタイプのオオオナモミは
むしろ典型と比べると1つあたりの刺が太く長いですね。

刺の少ないオオオナモミについては、
わぴちゃんが所持している資料では、
千葉県植物誌に簡単に言及してありましたが、
皆さんところには、こういうタイプのオオオナモミはありますかー?

« 帰化ワタ咲く。 | トップページ | オオハルタデ »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ