« シロバナイヌタデ | トップページ | イボクサの果実と種子 »

コナギの果実と種子

コナギは水田雑草の1つで、
夏~初秋にかけて
さわやかなブルーの花を咲かせます☆
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


そして、花後は、「さく果」と
呼ばれるタイプの果実をつけます☆

これが果実期の様子です。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


果実を取ってスケールを
おいてみるとこんな感じ。
1目盛り=1cmです☆

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

この果実の中に細かな種が
ぎっしりと詰まっているのです。

ということで、
この果実をあけてみましょう☆★
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


3枚の果皮で構成されており、
あけると小さな小さな種が
ぱらぱらと落ちてきました~☆


種子をアップにするとこんな感じです☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


今度は1目盛り=1mmです(≧▽≦)ノ
細長い果実で、肉眼では分かりにくいですが
縦じま模様が入ってますねー(*´▽`*)


↑の果実は無理やり割ったので汚いですが、
通常は、コナギのさく果は自然と開いて、
中から種がこぼれます。

運よく果皮が開く瞬間に立ち会えると、
まるで生き物のように動くので感動します★☆

3枚の果皮が開くと、今度は中にある
3枚のしきり板が開くように出てきて、
最終的にはこんな姿になって果皮ごと落下します。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

写真の右側は、果皮が開く前の果実です☆

|

« シロバナイヌタデ | トップページ | イボクサの果実と種子 »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シロバナイヌタデ | トップページ | イボクサの果実と種子 »