« ネズミノオ | トップページ | アブノメ »

フーチバー(ニシヨモギ)の花

沖縄そばのヤギの肉の臭みを取るために利用される
沖縄のヨモギ「フーチバー」をご存知でしょうか☆

1年以上前にこのブログで生育期の様子を
紹介したことがありましたが、
ここに来て、フーチバーが
花を咲かせたので紹介します。

沖縄料理で野菜として持ちいられるヨモギは
本土のヨモギとは別種で、
正式にはニシヨモギと言います☆

本土のヨモギ(※)と比べると
葉が大きくて柔らかく、香りがよいとのことです。

※ここではニシヨモギと区別するため
別名のカズザキヨモギで呼びます。

これがニシヨモギの葉です。
どでしょか☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


葉がとがった印象のある
カズザキヨモギと比べると、
確かに丸っこくて葉が大きくて
柔らかそうな感じは確かにしますね。


そして、決定的な違いは
頭花の大きさなんだそうです。

これが今庭で咲いているニシヨモギの花です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


最初これだけ見た時は、
「えー? 本土のヨモギと
 そんなに大きさ違うかなー?」

…と思いました(笑)

じゃぁ、カズザキヨモギと比較してみようと思って、
近所からカズザキヨモギの同じくらいの
花の先具合のものを持ってきて並べて比較しました。

左がカズザキヨモギ、右がニシヨモギです。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


頭花1つだけを比べたのが次の写真。
同じく、左がカズザキヨモギ、右がニシヨモギ。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


なるほど、こうやって見ると、
明らかにニシヨモギの方が
頭花は大きいですねー(*´▽`*)

|

« ネズミノオ | トップページ | アブノメ »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネズミノオ | トップページ | アブノメ »