« ガクアジサイの果実と種子 | トップページ | 人気の雲・空ランキング »

菊花茶用の菊

わぴちゃんちのお庭で、
菊花茶用の菊が咲き始めました。
1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

結構たくさん咲きました。
だいぶボーボー茂って暴れたので、
9月頃だいぶ切ったのですが、
それでもいっぱい咲いてくれました。

育てているのは、
コウザンキンギク(黄山金菊)という品種です。
中国安徽省の黄山という山に
自生する系統の菊のようです。


もうひとつ、菊花茶用のキクとして、
白花のコウハクギク(抗白菊)、
コウザンコウギク(黄山貢菊)があります。

確か、白い菊花茶用菊の苗も
一緒に売られていたのですが、
なぜか、何を血迷ったのか、
当時のわぴちゃんは
コウザンキンギクだけを購入しました(笑)


いずれも中国原産の菊です。

花をアップにするとこんな感じです☆
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

花裏の総苞の形状はこんな感じ☆
あぶら取り紙のような
薄茶色の膜があります(笑)
Photo_9
(※写真はクリックで拡大)


日本に自生するシマカンギクとか、
アワコガネギク等に見られる特徴ですね。

葉っぱはこんな感じです。
Photo_10
(※写真はクリックで拡大)


普通のイエギクに比べると薄っぺらい印象があって、
若苗の頃はやはり、
シマカンギクやアワコガネギクに似た雰囲気です。

コウザンキンギクやコウハクギク、
コウザンコウギクと言った、菊花茶用の菊ですが、
植物分類学上は、イエギクの
一園芸品種扱いになっているようですね。

|

« ガクアジサイの果実と種子 | トップページ | 人気の雲・空ランキング »

*野菜・有用作物*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガクアジサイの果実と種子 | トップページ | 人気の雲・空ランキング »