« ダイヤモンド富士 | トップページ | 2008年の振り返り-野草との出会い編- »

河川敷の植物の枯れ姿

土曜日の河川敷散策で見ることができた
草花達の枯れ姿を紹介します☆

枯れ姿もなかなかいいものですよぉ(*´▽`*)

◆ヤブジラミの枯れ姿。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※セリ科全般に言えることですが、
花の残骸がまるで花火を連想させます。


◆アレチヌスビトハギの枯れ姿。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※サングラスがたくさん連なったような
 形をしているのは成熟した果実です。
 なんかの拍子にぽろっと落ちるか、
 人や動物が通ったときにくっついて運ばれます。

◆オオブタクサの枯れ姿
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※雄花が穂状につくのですが、
 その雄花がすべて枯れ落ちて、
 軸だけ残っています。
 その下にちょぼちょぼとついているものが
 雌花の残骸で、中に種子が入っています。

◆カラムシの残骸
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※のれんのように垂れ下がっているのは
 果実の残骸です。
 葉は早い段階に散ってしまい、
 果実の残骸が長々と残ります。


◆タカアザミの残骸
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※おばけみたいな綿毛はタカアザミの種子です
 タカアザミの種子は綿毛で風によって
 とおくまで運ばれます。


◆クサネムの残骸

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


※クサネムはマメ科なので
 豆のサヤができますが、
 このサヤは、ぽきぽきと
 折れるようにして散っていきます。
 まだ、散らずに残っている
 豆のサヤの部分が枯れ姿にくっついて
 不思議な形になっています。


◆メマツヨイグサの枯れ姿
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

※メマツヨイグサの果実から
 種子がこぼれおちた後です。
 メマツヨイグサの果実は4つに裂けて、
 そこから種子をぱらぱらとこぼすので、
 残骸はこんな花みたいな姿です。

|

« ダイヤモンド富士 | トップページ | 2008年の振り返り-野草との出会い編- »

*紅葉・草もみじ・枯れ姿*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイヤモンド富士 | トップページ | 2008年の振り返り-野草との出会い編- »