« 12月8日の月光環 | トップページ | いろいろな冬芽 »

イヌツゲの果実と虫こぶ

イヌツゲは生垣や庭木に、
ごく普通に利用されているので、
きっと見たことある人も多いと思います(*^▽^*)o

今、そのイヌツゲが
あちこちで黒い実をつけてるの☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)


Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


やっぱり、鳥さんのご飯になるのかな☆

この黒い実を手でつぶしたら、
中は紫色の色素が充満していて、
指が紫になりました(>ω<。)

こんな感じで種子が何個か入ってます☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


そして、こちらもよく見かけます(笑)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

実みたいですが「イヌツゲメタマフシ」という
虫こぶなのですにゃ☆

イヌツゲタマバエという小さなハエみたいなのが
これを作った犯人です☆

この虫こぶは幼虫のゆりかごですにゃ☆

さっきの黒い実をつぶしたら
種子が出てきましたが、
この虫こぶをつぶすと…

あ。画像はないので安心してね(笑)

ところで、このイヌツゲって
別名ヨメノサラ(嫁の皿)と言うんだとか(笑)

何でも、イヌツゲの葉はとても小さいので、
嫁の皿はこんな小さいのでじゅうぶんだ!
…と言う嫁いびりから来ているのでは?
という説があるようです。

こわいよー(>ω<。)

|

« 12月8日の月光環 | トップページ | いろいろな冬芽 »

*果実・種子*」カテゴリの記事

*樹木*」カテゴリの記事

*虫こぶ*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月8日の月光環 | トップページ | いろいろな冬芽 »