« イセハナビの「氷の花」 | トップページ | スギのつぼみと果実・種子 »

「岩肌を滴る水」の氷

茨城県大子町へ遠征した時のネタの続きです。
山間の岩肌を滴る水が
さまざまな氷を作っていました。

まず、滴る水の量がポタポタである場合は…。
116
(※写真はクリックで拡大)

おなじみのツララになります(*´▽`*)

しかし、少々水量が多いと…。
1161
(※写真はクリックで拡大)


1162
(※写真はクリックで拡大)


1163
(※写真はクリックで拡大)

1165
(※写真はクリックで拡大)


まるで鍾乳石のようですが、
立派な氷です(笑)

どうしてこんなボコボコに
なるんでしょうね~

1164
(※写真はクリックで拡大)

こちらでは丸い氷の先に
しっぽのようにちょんととがっています。

丸い氷から滴ったしずくが凍って、
小さなツララを作ったのでしょうね☆

|

« イセハナビの「氷の花」 | トップページ | スギのつぼみと果実・種子 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イセハナビの「氷の花」 | トップページ | スギのつぼみと果実・種子 »