« 霜の超マクロ | トップページ | シガを見に、奥久慈へ。 »

シモバシラとイノコズチの氷柱

昨夜も氷点下の冷え込みになりました☆

今朝はわぴちゃんが庭で栽培している
シモバシラの枯れ枝に、かなり見事な
氷柱現象ができてましたよ(*´▽`*)
1
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

やっと顕著に出ましたねー(>ω<。)
本来は12月中下旬の初冬の風物詩で、
厳冬期には枯れ枝がボロボロになって
終了することがほとんどなのですが、
やはり今年も暖かめなんでしょうね。

氷柱現象をアップにしてみます。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


シモバシラはシソ科シモバシラ属の多年草。
秋口に可愛い白い花を咲かせます(*^▽^*)o
Photo
(※写真はクリックで拡大)


もうひとつ、これは昨日(13日)、
この冬一番の冷え込みの時に早朝散策で
林の縁で撮影したものです。
やはり氷柱ができていました。
113
(※写真はクリックで拡大)


この枯れ枝の正体はヒナタイノコズチです☆

ヒナタイノコズチの花はこんな感じです。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


シモバシラは-1~-2℃程度の冷え込みで
かなりきれいに出るようですが、
ヒナタイノコズチの氷柱は
-5℃クラスの冷え込みじゃないと
きれいに出ないようですねー。

氷柱現象について詳しくは
氷柱現象・氷の花++あおぞら☆めいと
を参考にしてくださいね。

|

« 霜の超マクロ | トップページ | シガを見に、奥久慈へ。 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 霜の超マクロ | トップページ | シガを見に、奥久慈へ。 »