« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2/27薄っすら積もる☆

なんか優先すべき気象ネタがやたら多くて、
植物・昆虫ネタが少ないのは許してくださいね
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

今日は定期診察&仕事の打ちあわせのため、
日中は都内に出陣していました☆

ちょうど出がけにわぴちゃんところは
雨から雪に変わったのですが、
都内、しかもこれから行かんとしている
港区は雪はあまり期待できないだろう…。

と思ったらびっくり!!
港区内も大粒の雪が降っていました。

227
(※写真はクリックで拡大)

しかし、この雪は打ちあわせ終了後、
13時半頃にはパラパラと凍雨になり、
その後雨に変わった模様でした。

ところが、今度は家に帰ろうとして
伊勢崎線で北上すると、
草加あたりから再び雪になりました。

伊勢崎線沿線では車窓から見る範囲では
積雪はほとんどなかったのですが、
野田線に乗り換えて
藤の牛島を過ぎたあたりから
屋根の上や畑にうっすらと積もった
雪が見えるようになりました。

そして帰宅。
わぴちゃんちの周辺では
うっすら積もっていました(笑)
227_2
(※写真はクリックで拡大)

227_3
(※写真はクリックで拡大)

227_4
(※写真はクリックで拡大)

このように、土が見えて、雪と地面で
まだら模様に見える状態を
「はだれ(斑雪)」と言います☆


227_5
(※写真はクリックで拡大)

サドルの上には1cm程度。


227_6
(※写真はクリックで拡大)

あらあら。せっかく出てきたふきのとうも、
雪まみれです(>ω<。)


227_7
(※写真はクリックで拡大)

これがホントのユキノシタ(≧▽≦)

227_8
(※写真はクリックで拡大)


雪は大量の水分を含んだいわゆる「べちゃ雪」
道路雪氷の世界ではシャーベットという、
そんな感じでした。


あ。そうそう。雪が小止みになった後は、
パラパラと凍雨が降り、
凍雨の写真を押さえることができました。

ただ、写真の枚数が多くなってしまうので
これはまた後日紹介しますね☆

| | コメント (2)

2月なのにイシクラゲ。

「わぴちゃんのメモ帳」では
何度か取り上げていますが、
またまた、イシクラゲ君出現です。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


本来であれば、この時期はカラッカラなので、
イシクラゲがわくことはないのですが、
ここの所ぐずついた天気が続いているので、
いきいきとしていました。


これ梅雨時に校庭の隅に多くわいたので、
わぴちゃんが子どものころは「ワカメ」と呼んで
友だちと投げあったりして遊びの材料にしてました
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

そんなに珍しいものではありませんが、
生物分類学的には面白いです。

なぜなら、原核生物に分類される
非常に原始的な生物だからです☆

原核生物界には
「細菌類」と「藍藻類」があって、
イシクラゲは、藍藻類に分類される
ネンジュモの仲間です☆

寒天のようにぬるぬるして踏むと滑り、
さらに、磯の匂いがするし、
見た目もよくないので、気持ち悪がられ、
駆除の対象となる存在ですが、
一応、食用になりますよぉ~☆

| | コメント (4)

上部ラテラルアーク、一瞬出現

夕方に一時的に晴れました☆

晴れた時に空を覆っていたのは
わぴちゃんの大好きな巻雲(*´▽`*)
225
(※写真はクリックで拡大)

225_2
(※写真はクリックで拡大)


そして、巻雲を撮影していると、
突然、思いもよらぬ場所に虹色模様が。

アップで写したのがこれ。

225_3
(※写真はクリックで拡大)


縦方向に薄い虹色の線が
入っているのが分かるかなあ?

レンズをめいっぱい広角にして撮ります。
225_4
(※写真はクリックで拡大)

225_5
(※写真はクリックで拡大)


最初なんのハロかと思いましたが、
薄いながらも虹色分光が強く、
視半径46度の外がさに接するように出現する
上部ラテラルアークのようです。

しかし、このハロには不意をつかれました。
しかも、15秒足らずで消滅してしまい、
4枚しか写真が撮れませんでした(>ω<。)

| | コメント (0)

花粉のふわぴかちゃん

別件でIllustratorを立ちあげていたので、
ふわぴかちゃんのイラストをささっと作ってみました☆

◆スギ花粉とふわぴかちゃん

__2

| | コメント (0)

再び・氷の裏面のシダ状氷


先日紹介した、バケツに張った氷の裏面及び
水中にスープ状に漂っていた樹枝状結晶氷…。

2月22日にも、同じバケツの中にできていました。
やはり同様に-5℃クラスの冷え込みでした。
222_8
(※写真はクリックで拡大)

222_9
(※写真はクリックで拡大)

222_10
(※写真はクリックで拡大)

222_11
(※写真はクリックで拡大)

2227
(※写真はクリックで拡大)


まだリサーチ中ですが、
中の水が「過冷却」の状態になって
生じた可能性があります。

確かに、-5℃まで冷え込んだのにも関わらず
バケツに張った氷はとても薄っぺらかったので
水温測ってませんが、中の水が
過冷却状態であった可能性はあります。

普通は強烈に冷え込むと、
バケツの中の水は完全に凍ってしまいますもんね。

今後、-5℃クラスの冷え込み時には、
氷を割って裏面を確認してみたいと思います。


オホーツク海に流れてくる流氷の裏面にも、
同様の樹枝状結晶がつくことがあるようですが、
これは「流氷結晶」と言い、こちらは
かなり厳しい条件が必要なんだそうです。

| | コメント (0)

ゆがんだ太陽

今日(もう日付が変わってしまいました)も
朝日の撮影に出かけました☆

しかし、ちょっとうっかりしてました(>ω<。)
日の出の時間を調べてなかったのです。

日の出の時刻は6:21。
目が覚めたのは6:05。

日の出まで16分しかありません(笑)
5分程度で身支度して
慌てて家を出て土手に向かいました。

土手に着いたのが6:18。ひゃー。

三脚たてて、望遠レンズを
セットしている間に、
日の出になってしまいました(>ω<。)
222
(※写真はクリックで拡大)


条件は良かったのですが、
グリーンフラッシュに
なったかどうかは不明です。
だって、カメラにレンズをつけている
最中だったんだもん(爆)

ところで、今朝は-5℃まで
冷え込んだようですが、
そのおかげで、一種の蜃気楼現象である、
「ゆがんだ太陽」を見ることができました。

「ゆがんだ太陽」自体は
そんなに珍しいものではないのですが、
今まで日の出に関心がなかったため、
今回初めてカメラに収めることができました

地表付近の冷気層を通過するときに
屈折が生じて太陽が角張っています。
222_2
(※写真はクリックで拡大)

222_3
(※写真はクリックで拡大)

太陽上端は冷気層を通過しましたが、
太陽か淡はまだまだ冷気層の中。
そのため、面白い形になっています。
222_4
(※写真はクリックで拡大)

222_5
(※写真はクリックで拡大)


太陽全体が冷気層通過。
角張りがなくなり、
なめらかに楕円になりました。
222_7
(※写真はクリックで拡大)

この楕円の太陽も大気差の影響を受けているためで、
もう少し太陽高度が高くなると
大気差の影響もなくなって円になります。

| | コメント (0)

春のたより2つ

2月19日の春のたよりでーす(≧▽≦)ノ

わぴちゃんがツクシの初見の
記録を取っている箇所に
数本のツクシが出現しました☆★

Photo
(※写真はクリックで拡大)

それから、同じくフキノトウの
開花の記録を取っている箇所で、
1つ開花を確認しました~☆★

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


それから庭のフグシュソウ。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


そして、同じく開花の
記録をとっているノジスミレ。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

葉が展開してきました~☆
3月になる前に咲いちゃうかも!?

| | コメント (2)

氷の裏面にシダ状氷

うちの近所の橋のたもとの表示板。
まぁ、あまり当てにはならないのですが、
気温表示が-5℃。ひゃー

218


玄関のバケツに氷が張っていたので、
チンダル像の実験をリベンジしようかと思い、
割っておっくり返したらびっくり!!

218_2
(※写真はクリックで拡大)

218_3
(※写真はクリックで拡大)

な、な、な…、なんじゃこりゃーー(笑)

ごちゃごちゃ、氷に裏面には、
いっぱいついてます(≧▽≦)

ちょっとアップにしてみましょうか☆

218_4
(※写真はクリックで拡大)

218_5
(※写真はクリックで拡大)

2184
(※写真はクリックで拡大)

218_6
(※写真はクリックで拡大)

いずれもシダの葉っぱみたいで
美しいです(*´▽`*)

そして、表面の氷を割った後、
中の水に手を突っ込んでみたら、
こんなシダ模様の氷が
水の中にたくさんありました。

今まで数多くの氷を見てきましたか、
こんなのは初めてですよー。

そして、隣にあった
別なバケツに張った氷は、
ひっくり返しても、
こんなアクセサリーはついてませんでした。

不思議です~☆

なのでチンダル像どころでは
ありませんでしたとさ(笑)

| | コメント (0)

今日も空日和♪

今朝は日の出撮影に行きました☆
狙いはもちろんグリーンフラッシュ

しかし、思ったほど雲があって
ダメダメでしたー(>ω<。)

そのかわり、幻日が見られましたよ(≧▽≦)

217_2
(※写真はクリックで拡大)

217_3
(※写真はクリックで拡大)

今日は日中ズーッとPCに向かって黙々と
人が変わったように仕事をしていたのですが、
時々は休憩に外に出て空を見ました☆

そしたら、彩雲~♪
217_4
(※写真はクリックで拡大)

217_5
(※写真はクリックで拡大)

217_6
(※写真はクリックで拡大)


そして、レンズ雲~♪
217_7
(※写真はクリックで拡大)


あと、日没頃に、
懲りずにグリーンフラッシュ狙いで
撮影に行きました(笑)

結果はブーッ(>ω<。)
ただ、夕焼けの雲が見事でした~☆
217_8
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

綿毛にぶら下がるふわぴかちゃん

ふわぴかちゃんの
新作イラストを公開します(≧▽≦)ノ

タンポポの綿毛にぶら下がる
ふわぴかちゃんです☆

_

| | コメント (2)

春霞。夏日のところも。

今日の関東地方は、
晴れて初夏のような暑さになりましたー。

空は白っぽく、俳句の世界では
「春霞」なんて詠まれそうな感じでした。
214
(※写真はクリックで拡大)

2142
(※写真はクリックで拡大)


夕方の空もこんな感じでぼやけた感じー。
214_2
(※写真はクリックで拡大)

日没後に巻雲がわずかに出て、
今日の空は終了です。
214_3
(※写真はクリックで拡大)


ちょっと余談ですが、
関東付近のアメダスポイントで
最高気温が25℃以上の
夏日になったところはあるかなーと
検索してみました☆

26.8℃  清水(静岡県)
26.2℃  静岡(静岡県)
26.1℃  小田原(神奈川県)
25.8℃  切石(山梨県)
25.7℃  茂原(千葉県)
25.4℃  網代(静岡県)
25.3℃  横芝光(千葉県)
25.3℃  海老名(神奈川県)
25.1℃  南部(山梨県)

※いずれも速報値

(参考:気象庁アメダスデータ)

| | コメント (0)

アリ散布の功罪

こんなど根性な雑草たちを見つけました☆
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


彼らの名はホトケノザ。
なんでこんなところから
出てきてしまったかというと、
種子散布の方法に問題があります☆

これがホトケノザの種子☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)


種子の先端に、白い
ソケットみたいなのがありますねー☆

これはエライオソームと呼ばれる物質で、
アリさんの大好物です☆

アリさんはこのエライオソームの
ついた種子を見つけると、
巣穴に運ぼうとするんですにゃ。

種子を巣穴に運ぶ過程で落してしまい、
それが壁のすき間に引っかかる、
やがて発芽というのが
原因として考えられます。

もちろん、他にもアリにしか分からない
さまざまな事情があるんでしょうけどね☆


このようにアリによって種子が運ばれるものは、
アリの動線上ならとんでもないところから
発芽・生育する可能性があるのですにゃ~☆

こちらはミチタネツケバナ。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

この子もこんなとんでもないところから
生えています(笑)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

ミチタネツケバナはアリ散布だったっけ?
違ったような…(笑)

| | コメント (0)

飛行機雲

夕方から飛行機雲が見えたので、
この間買った300ミリ望遠を
試してみました☆

まず300mm望遠で
先端の飛行機を写します☆
212300mm
(※写真はクリックで拡大)

そして、広角で写します☆
例の二重線の飛行機雲です(*^▽^*)o

212
(※写真はクリックで拡大)


やはり消滅過程で
雲が踊りました(≧▽≦)ノ
210300
(※写真はクリックで拡大)


おや?
もう1つ飛行機がきました☆
212_2
(※写真はクリックで拡大)


今度の飛行機雲は雲が緑色っぽいですねー。
212_2_2
(※写真はクリックで拡大)


二重線ではないのですが、
消滅過程を300ミリで撮影、
さらにトリミング拡大してみました。
212_3
(※写真はクリックで拡大)


w( ̄△ ̄;)wおおっ!
輪っかみたいなのがいっぱい(≧▽≦)ノ
飛行機雲は人工の雲だけあって、
自然では考えられないような
形になるので面白いです☆

| | コメント (3)

彩雲が出ました。

今日は、雲や空が面白く、
太陽柱、幻日、環天頂アーク、彩雲を
1日のうちでみることができました。

その中から彩雲の写真を
紹介しますね(*v_v)

210

210_2

210_3

210_4

210_5

210_6

210_7
(※写真はいずれもクリックで拡大)


(彩雲について参考URL)
彩雲++あおぞら☆めいと
↑のページを作ってからもうかなり時間が経ってるなあー。
そろそろ増補改訂をしないと☆

| | コメント (2)

早春の土手で草花探し☆

2月7日に、研究紀要の原稿を提出のため
博物館に出向きました☆
その後、周辺の土手を
ぐるーっと散策してきましたので、
そのときに写した春の写真を紹介しますね♪


◆イヌナズナ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※毛が生えていてぽわぽわです☆
花が咲くとめちゃくちゃ
可愛いですよ~(*^▽^*)o


◆ミチタネツケバナ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※花が咲き初めていました☆
外来のタネツケバナで、
わぴちゃんところにも
だいぶ蔓延してきています。

◆キュウリグサ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


※これも水色の小さな花が
めちゃくちゃ可愛いです(≧▽≦)ノ


◆ナナホシテントウの蛹
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


※ナナホシテントウが脱皮して
蛹になっていました。
土手に設置された階段に付着しています☆


◆ノビル
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※ここにはノビルもたくさん生えています☆
ちょっと掘ってみましたが、
わぴちゃんは食べないので、
埋め戻しておきました。


◆カントウタンポポ

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※カントウタンポポは
関東地方に生える日本タンポポです☆
南側の暖かいところでは
もう咲いちゃってます☆

◆トウダイグサ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

※毒草なのですが、
春の野を黄緑色に彩ります★
3月下旬頃開花予定です(笑)

| | コメント (0)

虹色分光の強い月光環

今日はイベントに出陣して疲れたので
22時頃にに一旦床に入ったのですが、
1時間後にパチッと目が覚めました。

なんか虫の予感が…(・_・;)

ということでカメラをたんがえて
外に出てみました☆

すると、肉眼でも虹色分光が
くっきりはっきり分かる
顕著な月光環が出ているでは
ありませんか~(*´▽`*)

208
(※写真はクリックで拡大)

208_2
(※写真はクリックで拡大)


明朝、雲がなければ
グリーンフラッシュの撮影に
再度チャレンジしてみたいと思います☆

| | コメント (0)

プリムラ類の2つの花

今、園芸店では、プリムラ・ポリアンサや
プリムラ・ジュリアン、それから、
プリムラ・マラコイデス等の
プリムラの仲間がたくさん売られています。

このプリムラ類の花には、
2タイプあります☆★

今回はプリムラ・ポリアンサを
例に紹介しますね☆

まず2つのプリムラ・ポリアンサを
ご覧ください。

(A)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


(B)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

遠めにはどちらも
似たような雰囲気に見えますね。

ところが、花の中心部を見てみると、

(A)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

(B)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

(A)の方は雄しべが見えるのに対して、
(B)の方は丸い雌しべの先が1つ見えるだけです。

ちょっと失礼して、
花を縦に断面にしてみると…。


(A)
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


(B)
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


(A)のめしべは短く、
花筒の上部におしべが並んでついています。
そして、(B)の方は、雌しべが長くて、
おしべは、花筒の真ん中付近についています。

(A)のような雌しべの短い花を「短花柱花」
(B)のように雌しべの長い花を「長花柱花」
と言います★

その他、このように
長花柱花と短花柱花をつけるものとしては、
日本に自生するサクラソウ、
それからナスの仲間等が知られています。

| | コメント (0)

ふわぴかちゃん節分バージョン

ちょっと遅くなってしまいましたが、
ふわぴかちゃんの節分バージョンです。

鬼役になってもらいましたが、
ちょっと可哀想なイラストに
なっちゃったかもしれません。

ふわぴかちゃん、ごめんねーーー(>ω<。)

_


来年の節分は、豆を投げる方の役まわりに
なってもらおうと思います(*^▽^*)o

Illustrator、だいぶ違和感なく
使えるようになってきました☆(*^▽^*)o

| | コメント (0)

明日は立春☆-昆虫編-

今日は節分ですね~☆

皆さん豆まきはしましたかー?
恵方巻は食べましたかー?
ヒイラギにいわしの頭を刺しましたかー?(笑)

今日の関東は春のような陽気でした(*´▽`*)
この陽気なので、お昼休みに
近所をちょこっとだけ散策しました。

まず見つけたのがカマキリの卵。
しかし、なんか穴が開いていますね。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


こちらは、8割がなくなってます。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

ヒヨドリあたりのいたずらかな~?

同じ木には、教科書的な形の
ミノムシがついてました☆

ミノムシはミノガの仲間の幼虫の総称で、
よく見ると、何種類かいます。

こちらは、蓑が直接枝につき、
小枝を多用していること、
垂れ下がらずに斜めについていることから、
チャミノガの幼虫と推測されます。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

もう1つ。基部が細くなり垂れ下がるタイプ。
これは恐らくオオミノガの幼虫だと思います。
狭義のミノムシはオオミノガの幼虫を指します。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


それから、ハナアブの仲間が
もう出回っていました。

こちらは、たぶんフタホシヒラタアブです。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


これは…名前は分かりませんでしたが、
ハナアブの一種だと思います。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


それから、モンシロチョウが
飛んでいたのを見たのですが、
撮影には失敗してしまいました(>ω<。)

ナナホシテントウも出ていました。
ただ動きは鈍かったですね。
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


ミノムシ、ハナアブ類、
万一同定が間違っていたら教えてくださいね。

| | コメント (0)

もうすぐ立春ですよ☆

わぴちゃんがに霜・氷ネタに
現を抜かしている間に、
植物達が春の準備を
だいぶ進めているようでした。

まず、ニワトコの木についていた
アラゲキクラゲ☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


このキクラゲの写真を撮ったあと、
ニワトコの木をジーッと観察してみると…。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


あらら。
早くも芽吹いてしまっています。

そして、こちらはスギの雄花です。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


茶色い部分の間から、
クリーム色の丸い小さなものが
見えていますね。これは雄しべです。
つまり、もう咲きはじめています。

ウメもちらほらと咲き始めています。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

そして、こちらはクサイチゴ。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


クサイチゴは3月に咲くので、
もうつぼみがつきはじめています。

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


(・・。)おや?
暖かさの誘惑に負けて
フライングしちゃった?(笑)

| | コメント (0)

1月31日、うっすら虹☆

1月31日は、発達中の低気圧の影響で、
雨風の強い1日でした。
131
(※写真はクリックで拡大)


お昼過ぎ、ちょっと外に出たのですが、
強い胸騒ぎがしました(笑)

なので、雨の時は普段は
カメラは持たないのですが、
今日は持って出ました。

そしたら、やっぱり
虹が出ましたよぉ(*^▽^*)o

…と言っても、かなり薄っすらですけどネ
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

131_2
(※写真はクリックで拡大)

131_3
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »