« 飛行機雲 | トップページ | 春霞。夏日のところも。 »

アリ散布の功罪

こんなど根性な雑草たちを見つけました☆
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


彼らの名はホトケノザ。
なんでこんなところから
出てきてしまったかというと、
種子散布の方法に問題があります☆

これがホトケノザの種子☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)


種子の先端に、白い
ソケットみたいなのがありますねー☆

これはエライオソームと呼ばれる物質で、
アリさんの大好物です☆

アリさんはこのエライオソームの
ついた種子を見つけると、
巣穴に運ぼうとするんですにゃ。

種子を巣穴に運ぶ過程で落してしまい、
それが壁のすき間に引っかかる、
やがて発芽というのが
原因として考えられます。

もちろん、他にもアリにしか分からない
さまざまな事情があるんでしょうけどね☆


このようにアリによって種子が運ばれるものは、
アリの動線上ならとんでもないところから
発芽・生育する可能性があるのですにゃ~☆

こちらはミチタネツケバナ。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

この子もこんなとんでもないところから
生えています(笑)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

ミチタネツケバナはアリ散布だったっけ?
違ったような…(笑)

« 飛行機雲 | トップページ | 春霞。夏日のところも。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ