« 外来・雑種系タンポポのウスジロタイプ | トップページ | 雑草図鑑できました(≧▽≦) »

黄砂の空を観察(3/18)

午前中はあまり顕著ではなかったのですが、
午後から、黄砂によって空がかすんできました。


こちらは茨城県坂東市、堤防方面。
堤防まで1kmもない地点のですが白くかすんでます。
318_2
(※写真はクリックで拡大)


そして、同じ場所から反対側を写した様子。
遠くの木々が白っぽくなっているのが
分かるでしょうか☆
318
(※写真はクリックで拡大)


ついでに太陽も写してみましょう☆
太陽はまぶしいので電柱で隠します☆
318_3
(※写真はクリックで拡大)


太陽の周りに白っぽく大きな
光の塊がありますね☆

黄砂や砂塵など、
大気じん象のときによく見られます☆

ここまで黄砂でかすんでしまうと、
花粉が飛んでいても、
日光環にはなりづらいのかもしれませんね。

同じく茨城県坂東市。
なぜか10分程度上端接弧となりました(笑)
318_4
(※写真はクリックで拡大)

波状雲も出ましたが、
かすんでいます。
318_5
(※写真はクリックで拡大)


こちらは夕焼けです。
交差のせいで白っぽい夕焼け。
318_6
(※写真はクリックで拡大)

そして、太陽がぼわーっと大きな
光のかたまりになっていますね☆

|

« 外来・雑種系タンポポのウスジロタイプ | トップページ | 雑草図鑑できました(≧▽≦) »

*微粒子の現象*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 外来・雑種系タンポポのウスジロタイプ | トップページ | 雑草図鑑できました(≧▽≦) »