« 断片積雲にできた彩雲(4/26) | トップページ | ウワミズザクラとイヌザクラ »

無斑紋型のムラサキサギゴケ

まず、ムラサキサギゴケの
典型的な花をご覧ください。
Photo


下唇の中心付近に2本の帯状の凸な部分があり、
その部分は白色で、橙色の斑紋を伴います。

この橙色の斑紋は、
虫に蜜のありかを知らせるための
「ガイドライン」と考えられています。

ところが、本日見つけたムラサキサギゴケは
橙色の斑紋を欠くタイプです。
Photo_2


以前、斑紋のないホトケノザを日記で紹介しましたが、
そのムラサキサギゴケバージョンです。

どうして、虫媒花にとってはとても大事な
虫寄せのための蜜のありかを知らせる斑紋を
欠いてしまうのでしょうか…。
不思議ですねー。


無斑紋型のホトケノザは
だいぶ勢力を拡大しているようですが、
この無斑紋型のムラサキサギゴケが
今後勢力を拡大するかどうかは
注目していきたいところですね。


ところで、ムラサキサギゴケの花の模様って
とても個性的なのが多いですね~☆

以下に、今日見られた個性的な
ムラサキサギゴケの顔を紹介しますね☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)


|

« 断片積雲にできた彩雲(4/26) | トップページ | ウワミズザクラとイヌザクラ »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断片積雲にできた彩雲(4/26) | トップページ | ウワミズザクラとイヌザクラ »