« キバナルリソウ(Cerinthe major) | トップページ | ミドリタチツボスミレ »

マルバスミレ

ツマキチョウのいた場所には
マルバスミレの群落もありました☆

マルバスミレは、里山や丘陵地の木陰や斜面で
しばしば群落を作っている白いスミレです☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

3
(※写真はクリックで拡大)

あ。群落の中に青紫色のスミレの
花が1つだけ写ってますね。
この青紫色のスミレは
お馴染みのタチツボスミレです☆

花をアップにすると…。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


白ベースで、紫色の筋が少し入ります。
側弁の毛はありません。

※わぴちゃんはまだ実物は見たことありませんが、
マルバスミレの中には側弁に
毛のあるタイプもあるらしいですね。


Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


花を横から見ると、「距」と呼ばれる
後ろにつき出た細長いものがあります。


葉っぱはこんな感じ☆
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


「丸葉スミレ」の名前の通り、
丸っこい葉っぱが特徴です(*´▽`*)

マルバスミレは、
かつては全体に毛があるタイプをケマルバスミレ、
無毛品をマルバスミレと区別していましたが、
現在はあまり区別されず「マルバスミレ」と
呼ばれる事が多くなっています。

わぴちゃんも、マルバスミレとケマルバスミレは
区別しない説を使っています。

|

« キバナルリソウ(Cerinthe major) | トップページ | ミドリタチツボスミレ »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キバナルリソウ(Cerinthe major) | トップページ | ミドリタチツボスミレ »