« 6月27日の「9度ハロ」 | トップページ | アイスプラント(Mesembryanthemum crystallinum) »

ショウジョウツメクサ?

ムラサキツメクサ(別名:アカツメクサ)は、
ヨーロッパ原産の多年草で、
土手や牧草地、道ばた、荒れ地などに
ごく普通に見られます。
Photo
(※写真はクリックで拡大)

でね、このムラサキツメクサって、
「変異が激しい」というか、
かなり個体ごとに個性の強いお花であります。

本日、こんな色違いを見つけてしまいました。
真っ赤っかです(≧▽≦)ノ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

典型的なムラサキツメクサのお花と
並べ写したのがこれ。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


左が典型、右が今回見つけた
真っ赤な花を咲かせるムラサキツメクサです。

がく片の形状はこんな感じです。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


がくの形状や毛の様子が
ムラサキツメクサの特徴と合致します。

単純な花色違いなので、あまり詮索せず
ムラサキツメクサの赤花型でもいいと思いますけどね(^-^;)

ただ、これは恐らく、既知の品種で、
ショウジョウツメクサ
(Trifolium pratense f. sanguineum)
なのかな?とも感じています。

…が、ショウジョウツメクサは、
文献に文章で書かれているだけで、
命名にきっかけとなった
タイプ標本を見たわけではないし、
写真もどこにも紹介されていないので、
何とも言えません。

もし、ショウジョウツメクサについて
情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
ご教示いただければと思いますm(_”_)m

|

« 6月27日の「9度ハロ」 | トップページ | アイスプラント(Mesembryanthemum crystallinum) »

*外来植物*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
ホントにショウジョウという表現がピンと来る、ビビッドな個体ですね。一瞬園芸種との交雑!?と頭をよぎりましたが、花序のフォームも同じだし、顎筒も特に違わない様に見えますね。
実生して次代にどういう現れ方をするのか・・・
つい確かめたくなってしまいます。
話は変わって、最初にコメ入れた際、そちらの一を読み違えていて、我孫子か柏あたりをイメージしてました(笑)うちから坂東のミュージアムパークまで1時間弱だから、きっと1時間ちょっとの距離ですね。でも近いなあ・・・

投稿: ぐりお | 2009/06/30 23:04

◆ぐりおさん

おはようございます(*^▽^*)o

これが遺伝的に固定されているのであれば、
園芸種として成立しそうですね~(*´▽`*)

来年同じ場所に出ているのか
またチェックしてみたいと思います。

坂東のミュージアムパークはかなり近いですよー。
でも、そこよりさらに15kmくらい北上します(笑)

最近は、坂東・常総エリアを
探索する機会が増えてきました。

投稿: わぴちゃん☆ | 2009/07/05 07:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6月27日の「9度ハロ」 | トップページ | アイスプラント(Mesembryanthemum crystallinum) »