« アブラゼミの羽化(後編) | トップページ | 7/27北関東の虹。 »

クマヤナギ

昨年、7月上旬に初めて出会ったクマヤナギ。
2008
(※写真はクリックで拡大)


撮影後自宅にかえって文献で調べてみると、
クマヤナギの果実は1年かけて熟すので、
果実期と花期はほぼ同時期なんだとか。

知らなかったのでうっかりしていて
花の写真を失念してしまってたん
ですよね(>ω<。)

なので、1年ぶりに
クマヤナギを見に行きました。
実がなってます☆

Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

でも、なんか疎ら?
鳥さんが食べちゃったのかな?

クマヤナギの実は甘くて
人間も食べられるとのことです。

そして、横を見ると…。

おぉーー♪♪
花が咲いてるぅー(≧▽≦)ノ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


花をアップにしてみましょう☆
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


クマヤナギはクロウメモドキ科の
つる性の落葉性の樹木です☆

漢字で書くと、「熊柳」で、
樹皮が黒くて熊のような感じなので「熊」、
「柳」はヤナギの葉に見立ててつけられました。

クロウメモドキ科って聞きなれない科なのですが、
身近な樹木では「ナツメ」もクロウメモドキ科です。

この日は風が強くて樹木の撮影は
なかなか難しかったです(>ω<。)

|

« アブラゼミの羽化(後編) | トップページ | 7/27北関東の虹。 »

*樹木*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アブラゼミの羽化(後編) | トップページ | 7/27北関東の虹。 »