« 樹液レストランの甲虫たち | トップページ | 種類は分かりませんが…。 »

ゴイシシジミとチダケサシ

今日、庭に出たら、
ルリシジミが止まっていました。

チャーーーンス(≧▽≦)ノ

と思ってカメラを向けようと思った瞬間、
わきにいたノシメトンボが
突如ルリシジミに向かってアタック(>ω<。)

ルリシジミ飛んでいってしまい
撮影失敗です(>ω<。)

例によって数匹のノシメトンボが
たむろっているわぴちゃんちの庭です(笑)

シジミつながりで、先週の土曜日の
野山探索で撮影したゴイシシジミを紹介します☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

ゴイシシジミは、里山の林縁で、
幼虫はササや竹につくアブラムシを食べる完全肉食。
成虫も、ササやタケのアブラムシの分泌液を
吸って生きています。

羽の模様が碁石を連想させるので
「碁石小灰蝶」なんだとか。どぉ?

そして、ゴイシシジミのいた場所に
チダケサシがありました☆

これが今日の本題ですにゃ☆

これがチダケサシです☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ピンクの可愛い花を密につける
ユキノシタ科の多年草です(≧▽≦)ノ

6月に来た時はこんな感じのつぼみでした。
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

花序をもうちょっとアップにして見ると、
うーん。まだ花の形が良く分かりませんねー。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

さらにアップにしてみましょうか☆
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


花弁は細長くてピンク色のが5枚、
雄しべは10個です。

葉っぱはこんなん感じです☆
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


漢字で書くと「乳茸刺」で、
花茎を手折って、そこに乳茸(ちだけ)という
キノコを刺して持ち帰ったから
その名前が付いたと言いますが、
茎は結構繊細な感じで、
乳茸が本当に刺して持ち運べるかは?ですにゃ。

|

« 樹液レストランの甲虫たち | トップページ | 種類は分かりませんが…。 »

*チョウ・ガ*」カテゴリの記事

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

どーもです。
ゴイシシジミかわいいですね。この手のシジミチョウは
脚のむくむく感がたまりません(笑)
チダケサシですが、近年やけに色の濃い個体を見かける事があります。洋種のアスチルベと交雑の懸念が指摘されていますが、
ひょっとしたら・・・と思ってしまいます。
そうそう、ナガサキアゲハの件ですが、私自身は2006年に
お隣のつくば市で、2007年に牛久市内で確認していて、
昨年の9月15日についに庭に現れました。
ギリギリ証拠写真がとれたので、
さっそくその日のブログにアップしました。
昨年はそれ以降も幾度も来ていますが、
まだ今年は見ていません。

投稿: ぐりお | 2009/07/11 00:20

◆ぐりおさん

レスコメ遅くなりましたm(_”_)m

わぴちゃんも、シジミチョウの
仲間は好きです(=^▽^=)

チダケサシ、わぴちゃんはまだ
色の濃い個体を見つけられずにいますが、
アスチルベが盛んに栽培されているので、
交雑の可能性もあるんでしょうね。

ナガサキアゲハの情報ありがとうございます。

そういえば、ブログにも書きましたが、
先週近場でアカボシゴマダラを見つけ
かなり複雑な気持ちになりました
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

ムラサキツバメが
千葉県では柏まで来ているという
話を聞いたことがあるのですが、
これもまだ見つけられずにいます。

投稿: わぴちゃん☆ | 2009/07/16 22:08

どうもですー。
アカボシゴマダラは私も拝見して「むむぅ〜」でした。
ムラサキツバメは昨年夏、我が家の庭にも登場しました。
そしてやはり昨年、ミュージアムパークの敷地内でも
けっこうちらほら見ましたよ。

ツマグロヒョウモンが、
もうすっかり当たり前のチョウになってしまいました。
我が家のスミレでも普通に幼虫を見ます。
中学の時佐賀に引っ越し初めてツマグロヒョウモンを見た時、
「うわっ!カバマダラ!!」と興奮したのが
もう遠い笑い話になりました。

投稿: ぐりお | 2009/07/17 00:30

◆ぐりおさん

ミュージアムパークの敷地内に
ムラサキツバメさんが出没しているのですね。

情報ありがとうございます。
今度、行く機会があったら、
気をつけて見てみますね(*´▽`*)

ツマグロヒョウモンはキタテハ並の
普通種になってしまいましたねー。

わぴちゃんも初めて見つけたときは
かなり興奮したのを覚えています
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

投稿: わぴちゃん☆ | 2009/07/23 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樹液レストランの甲虫たち | トップページ | 種類は分かりませんが…。 »