« オオムラサキに会いに | トップページ | ヒメジャノメの幼虫 »

里山の花、初秋の気配。

今日の自然ネタは
8月1日の野山探索の野草編です☆


◆ヤマハギ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

秋の七草の1つで、
山野に普通に生えるものです。
ハギの中でも7月頃から咲きはじめる種なのですが、
これを見るとなんだか初秋を感じさせられますね。

◆ヤブミョウガ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

これでもツユクサと同じ科です☆
晩秋の瑠璃色の果実もキレイですよ~☆


◆ノハラアザミ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

これも秋の野に咲くお花です。
もう咲いてしまっていたのにはびっくりですが、
どこにでも、ちょっと成長の早い子は
いるものなので、そのひとつなのかもしれませんね☆


◆キバナガンクビソウ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

これも、どちらかというと初秋のお花です。
花が「雁首」に似ているから名付けられました。


◆アシカキ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃんは初めて撮影に成功したお花です☆
足元がぐちゃぐちゃだったので、
遠方から望遠で撮影したのですが、
脚に引っ掻き傷ができるほど
ザラザラしているので「足掻き」です。

◆イヌヌマトラノオ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

最初ヌマトラノオかと思ったら、
葉の基部が赤くなるオカトラノオの特徴が
出ていますね(^-^;)
なので、ヌマトラノオとオカトラノオの雑種の
イヌヌマトラノオのようです。


◆コバギボウシ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃんところでギボウシと言ったら
このコバギボウシが圧倒的に多いです。

東北なんかでは、葉がとても大きな
オオバギボウシが「うるい」の名で
山菜として親しまれてますね☆

« オオムラサキに会いに | トップページ | ヒメジャノメの幼虫 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

*フィールド報告(全般)*」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ