« エビスグサ(Senna obtusifolia) | トップページ | ウラナミシジミなど。 »

林縁の野草たち。

今日はわぴちゃんが関わっている
三ツ堀里山自然園を育てる会主催の自然観察会でした。

今日は、わぴちゃんが
担当幹事&インタープリター役だったので
朝から出かけてました☆

参加者19名で和やかな雰囲気で
時間いっぱい過ごすことができましたよー(*´▽`*)

インタープリテーションに集中したので、
自然公園内ではあまり写真を撮ってませんにゃ。

ただ、観察会終了後に別のフィールドの林縁を歩いて
野草の写真を写しましたのでそれを紹介しますね☆

◆ワタラセツリフネ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


ワタラセツリフネは渡良瀬遊水地で発見されて、
4-5年前に新種記載された植物です。

わぴちゃんところは渡良瀬遊水地に近いせいか、
近所のツリフネソウのほとんどがワタラセツリフネでした。
逆に普通のツリフネソウを、まだちゃんと
写真に収められてません(>ω<。)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

花の正面から見て、水色の矢印の部分
「小花弁」と言いますが、ここが短くて
黒い萎縮してしまうのが大きな特徴です。

こちらは虫こぶです☆
この中には赤いアブラムシがたくさん入っています。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

◆カラフトアカバナ(ノダアカバナ)
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

別名のノダアカバナは千葉県野田市で
発見されたので仮称としてつけられていました。
ただ最近は、もともと国内に自生している
カラフトアカバナと同一視されているみたいですね。


◆ナガボノシロワレモコウ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


ワレモコウの仲間で穂が大きく長く垂れ下がり
白い花を咲かせるものです☆
が、除草剤や開発等、自生環境の悪化で激減しています。


◆センニンソウ
2
(※写真はクリックで拡大)

この白い花が林縁に沿って
のびのびと群生すると綺麗なんですけどねー。
ツルが刈られちゃうことが多くて
申し訳程度に咲いているので心が痛みます。


◆ノアズキ
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)


ヤブツルアズキににていますが葉の形がことなります。
あと果実の形もことなるみたいですが、
まだ果実はできてませんでした。

|

« エビスグサ(Senna obtusifolia) | トップページ | ウラナミシジミなど。 »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エビスグサ(Senna obtusifolia) | トップページ | ウラナミシジミなど。 »