« ギンヤンマの飛翔 | トップページ | 9月7日は白露でした。 »

クロコノマチョウの開翅

9月5,6日と2日連続で三ツ堀里山自然園に行ってきました。
そこで、クロコノマチョウをみましたので、
それを記事にしたいと思います。

クロコノマチョウは南方系の蝶で北上種とされています。
ただ、千葉県はもともとの分布ギリギリの範囲内とも言われ、 
ここのクロコノマチョウは北上によるものなのか
本来の分布によるものなのかは分かりませんにゃ。

これがクロコノマチョウです☆
翅を閉じていると、枯れ葉そっくりですねー(*´▽`*)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


で。まず翅を広げることがない蝶なのですが、
わぴちゃんが観察していると、
突然バタンと翅を広げました(*´▽`*)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


そのあとも翅を閉じたりひらいたりを
繰り返してましたが、「バタンバタン」という形容が
ふさわしいくらいに勢いよかったです(笑)

そして、ふとわきを見ると脱皮殻がありました。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


きっと、羽化したばかりなんでしょうね。
それでサービスしてくれたんだと思います。

|

« ギンヤンマの飛翔 | トップページ | 9月7日は白露でした。 »

*チョウ・ガ*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ギンヤンマの飛翔 | トップページ | 9月7日は白露でした。 »