« ヘビウリ(Trichosanthes anguina) | トップページ | 秋の近所の野山探索(野草編) »

ミズヒキの品種

各地の林内にごく普通に自生し、
また、茶花としても栽培されるミズヒキですが、
ミズヒキの花序は通常赤色の穂がつきます。

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

厳密には、花は上半分が赤色、下半分が白色なのですが、
果実期に種子を包む花被片は赤色です。


これが全部白くなったものは
ギンミズヒキと呼ばれます。
いわゆるミズヒキの白花品と言ったところでしょうか☆
果実期の花被片も白色です。

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


そして、最近こんなのを見つけました☆
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

赤色と白色のものが混在してついています☆
これはゴショミズヒキと呼ばれています。

« ヘビウリ(Trichosanthes anguina) | トップページ | 秋の近所の野山探索(野草編) »

*身近な野草*」カテゴリの記事

コメント

珍しいです!!
白いのも見たことないのですが、紅白とは!
ミズヒキの花はそもそも紅白になってますが、ゴショミズヒキとは変わってますね。
普通にはめったに見られないのでしょうね?

◆森のどんぐり屋さん

ありがとうございます★
白いのは、ホムセンで売られていたので
購入して咲かせました☆

ゴショミズヒキは名前は聞いていたのですが、
ずーっと遭遇することができず、
ようやく某山中で自生しているのを
見つけることができました☆

この記事へのコメントは終了しました。

« ヘビウリ(Trichosanthes anguina) | トップページ | 秋の近所の野山探索(野草編) »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ