« 10月21日の高積雲と光芒 | トップページ | イヌタデの仲間3種☆ »

10月22日の早朝の様子

ここのところ外出の用事が続いてできなかったのですが、
今朝、ひさしぶりに早朝散策行きました☆★

9℃台まで冷え込みました。

5:50に家を出て橋を渡り対岸へ(笑)
いい感じでもやっているところがありました。
ということでこの地点で散策モード開始☆

朝もやの写真写しました☆
写真は望遠で撮ったので濃いように見えますが、
視程は1km以上あったので霧ではなく「もや」ですね。
10222
(※写真はクリックで拡大)


それから、
地球影も真冬ほどではありませんが、
結構はっきりしていました★
地際付近のピンクがかった濃紺がそれです。
1022_3
(※写真はクリックで拡大)


しばらく歩いていると…。
低いところで横にたなびく煙☆
10221
(※写真はクリックで拡大)


焚き火の煙が、地面付近の冷気ドームの中に
閉じ込められたためにできるもので
煙霧層(haze layer)と言います(≧▽≦)ノ

forest raysと呼ばれる光の筋☆
1022_2
(※写真はクリックで拡大)


メカニズムは天使のはしごと一緒ですが、
天使のはしごは「雲」の影によってできますが、
これは雲ではなく「屋敷林の枝葉」の影によって生じたもの。


あとは朝露の写真☆
朝露に濡れるユウガギク。しっとりといい味出してます。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


そして、芒についた朝露が朝日で白く輝いていたチカラシバ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

蜘蛛の巣の朝露☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

あと。朝露のたっぷりついた草原に太陽を背に立つと☆
影の頭の周りが白く輝いているのがわかるでしょうか☆

これはわぴちゃんから不思議なオーラが…というのはウソで、
heiligenschein(ハイリゲンシャイン)という光学現象なのです☆
1022
(※写真はクリックで拡大)

|

« 10月21日の高積雲と光芒 | トップページ | イヌタデの仲間3種☆ »

*ハロ・光学現象*」カテゴリの記事

*微粒子の現象*」カテゴリの記事

*朝焼け・夕焼け*」カテゴリの記事

*霧・もや*」カテゴリの記事

*露・水玉*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 10月21日の高積雲と光芒 | トップページ | イヌタデの仲間3種☆ »