« 小枝とトンボの乱舞(台風18号レポ1) | トップページ | イネ科雑草にも光を☆ »

cats eyeに出会う。(台風18号レポ2)

昨日の台風18号は、
関東に暴風域にかかるころには
雨雲が抜けてしまい日中は晴れ間がのぞきました。

このおかげで、普段はなかなか見られような
雲も写すことができました☆

いろいろ雲写真を撮ったのですが、
その中からピックアップして紹介しますね。

積雲等がすごい早さで流されていく中、
雲の一部が波打っていました。
1008
(※写真はクリックで拡大)

これはケルビン-ヘルムホルツ波による雲の波打ちで、
日本名は浪雲、英名はcats eyeと言います。

台風の時に稀に見られる雲なのですが、
この段階ではかなりしょぼすぎーーー(>ω<。)
しかも、すぐに消えてしまいました(>ω<。)


その次に見られたのがロール雲
1008_2
(※写真はクリックで拡大)


ロール状の大きな雲が横たわっていました。
これは魚眼で撮ったら迫力が伝わったんだろうにゃぁ…。
魚眼レンズ、8万円、手が出ません(泣)

その後一旦雲がほとんどなくなったのですが、
風が南西風から北西風に変わる時に、
ちょっとした寒冷前線になったようで、
どす黒い積雲列が通過していきました。
1008_3
(※写真はクリックで拡大)


この積雲渦の雲底はこんな感じで
墨を流したような模様…★
1008_7
(※写真はクリックで拡大)


寒気通過時によく見られます。
もっと発達すれば乳房雲になるんですけどねぇ…。

それから、積雲の雲底の一部が渦巻いていました。
1008_4
(※写真はクリックで拡大)


写真にするとちょっと分かりにくいですが、
写真の真ん中付近の雲が、
台風を気象衛星で見たような雲の形に
なっているのがわかるでしょうか?

そして、一番の収穫がコレ☆
1008_5
(※写真はクリックで拡大)

1008_6
(※写真はクリックで拡大)

午前中にしょぼしょぼの浪雲が出たので、
もしかしたらと、ずーっと気をつけて見ていた結果、
撮影することができました☆★

昔の浮世絵に出て来る波のような形を
しているのが分かるでしょうか☆

あとは、風が強いということで、
お決まりのレンズ雲の出番もありました。
1008_8
(※写真はクリックで拡大)


この写真のは、ミルフィーユのように
多層構造になっていました。

もうひとつ、遠くの積雲の上に、
ずきん雲と呼ばれる雲がちょこんと乗っかってました。
1008_9
(※写真はクリックで拡大)

|

« 小枝とトンボの乱舞(台風18号レポ1) | トップページ | イネ科雑草にも光を☆ »

*雲*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小枝とトンボの乱舞(台風18号レポ1) | トップページ | イネ科雑草にも光を☆ »