« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

夜の「低い霧」

10月30日の夜、所用で出かけていたのですが、
よくみるとお月さんが暈をかぶっているのですね。

なので、利根川堤防に寄って撮影体制でした(笑)

まず月がさ(luner halo)
1030
(※写真はクリックで拡大)


これはかなりしょぼしょぼだったのですが、
ふと、河川敷に目をやると、
地霧が出ているではありませんか(*´▽`*)

ということで、夜の霧です(笑)
1030_2
(※写真はクリックで拡大)

1030_3
(※写真はクリックで拡大)

1030_4
(※写真はクリックで拡大)


夜霧って味があっていいですね~(*´▽`*)
霧に近づくために河川敷に降りてみました。
1030_5
(※写真はクリックで拡大)


わぴちゃんの背丈よりちょっと
高いくらいのところまでの霧でした。

| | コメント (0)

晩秋の野草探索

早朝散策に行ってきました☆
主に、果実や紅葉の写真が中心となったのですが、
まだ花も咲いてましたよ~☆
今日は、花を中心に紹介しますね☆

ユウガギクはまだ咲いてました☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)


ヒメキンミズヒキは、晩夏の花なのですが、
まだ一部が咲いていました。
これの果実はひっつき虫です。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


これはトウゲシバ☆
こう見えてシダ植物なんですよ~☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

あと田んぼの縁にはタウコギ☆
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


これによく似た外来の
アメリカセンダングサが蔓延っていますが、
そんな中日本在来のタウコギに出合うと
嬉しくなりますね。


ノハラアザミは満開は過ぎたかなという感じですが、
まだところどころで咲いてました☆
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

これはコメナモミ。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


道沿いにかなりの数ありました。
もうほとんど種子になっているのですが、
こやつもひっつき虫で後で泣かされます(笑)


そして、一番感動したのがリンドウ☆
リンドウ満開でしたよ~☆
ということは秋もいよいよ終盤ですね(*v_v)o
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

とにかくひっつき虫がすごくて、
ズボンはとんでもないことに
なってしまいました(>ω<。)

で。例によって裾を織り上げたところの中に、
大量のひっつき虫がたまってました(/||| ̄▽)/

ズボンのひっつき虫はあまりにもひどいので
帰る前に払い落としました。
コメナモミとかの仕業で払った手がすごくベタベタ(>ω<。)

ところが、帰宅して上着を見ると、
上着の裾の部分に結構ついているではありませんか~(泣)
Photo_9
(※写真はクリックで拡大)


ちょっと分析してみたら、
コメナモミ、ヌスビトハギ、イノコズチ、
オオオナモミ、アメリカセンダングサ、
ケチヂミザサ、ヒメキンミズヒキがついてました。

ゴミ箱に捨てるのは可哀想だったので
芽が出たら面白いなと思いつつ庭に捨てておきました。

あ。コメナモミとかヌスビトハギはいいですが、
オオオナモミやアメリカセンダングサは出てきたら
ちょっと嫌ですけどね(笑)

| | コメント (0)

晩秋の蝶・とんぼ

10月28日の早朝散策で写した昆虫を紹介しますね☆

この日も7℃台くらいまで冷え込んで、
昆虫の姿もだいぶ少なくなってきました。

でも、赤とんぼの類がまだいましたよ~

おなじみのアキアカネ☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

こちらはマイコアカネ☆
1028
(※写真はクリックで拡大)

そっくりですが、マイコさんの方が少々小さいのと、
胸の黒い模様の形状がまったく異なります。

わぴちゃんフィールドでは
マイコアカネが圧倒的に多いです~☆

マイコアカネの交尾の写真も撮れました☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

それから、ウラギンシジミの♀が
翅を広げていました。
1028_2
(※写真はクリックで拡大)

まさに台形というか
カクッカクッとした感じがカッコいい?(笑)

わぴちゃんの大好きな
ムラサキシジミも遊んでくれました☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

こちらはボロボロ蝶に
なってしまってますね(>ω<。)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


ムラサキシジミは成虫越冬組なので
晩秋遅くまで出会うことができます。

あとは、相変わらず
いっぱいいるのがヤマトシジミ☆
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

これがシルビアシジミだったら
テンション急上昇なんですけどね~
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

| | コメント (0)

10月27日の夕景。

今日は、台風20号の通過に伴い
北西の強い風が吹き荒れたこともあって
空気が澄んでました。
夕方の空がよかったですよー☆


富士山方面を見ると…。
立派な無毛積乱雲があって、
山が見えませんでした(>ω<。)
1027
(※写真はクリックで拡大)


あとでレーダー見たら、
富士山周辺で夕立があったみたいですね。

積雲が夕暮れになってくずれてきた夕暮れ層積雲
たくさん浮かんでいたのですが、
一部がにょきっと立ち上がってました(*´▽`*)
1027_2
(※写真はクリックで拡大)


こちらの雲は写真中央付近ハートに見えないかな?(*v_v)o
1027_3
(※写真はクリックで拡大)


秩父方面の山なみは夕焼け色に染まってます(*´▽`*)
1027_4
(※写真はクリックで拡大)


やがて、秩父の山の向こうに夕陽が沈んでいきました。
1027_5
(※写真はクリックで拡大)


日没から少したって、
秩父の山なみの上に山の影が出ていますね☆
1027_6
(※写真はクリックで拡大)


夕焼け方向だけではなく反対側の空にも注目すると。

地平線付近の空が濃紺になっています。地球影です☆★
見える山は筑波山です☆
1027_7
(※写真はクリックで拡大)


さらに、日没後しばらく経って
だいぶ暗くなってきたときに空が紫色になりました~(*´▽`*)
1027_8
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

公園の木の実いろいろ。

ちょっと前に撮影したものですが、
公園で撮影した樹木の果実類を中心に紹介しますね☆

カツラ

カツラの木が何本も植えられていました。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


カツラの果実があるかな?
と思っていたら、ありました(≧▽≦)ノ
探していたんです☆★
2
(※写真はクリックで拡大)


熟した果実もあったのでちょっと開いてみました。
これが種子~♪♪
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


で。果実をつけているということは、
花が咲いたはずですね。花の写真が
まだ撮れていなくて探していたところだったので、
来年はここに撮りに来る予定です☆

シャリンバイ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※排ガスに強いからか、本来は海岸の植物なのに
どこ行っても植栽されています。
5月頃に綺麗なお花を咲かせます。


ニシキギ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※ニシキギは紅葉がとても美しくて注目されるのですが、
あわせて赤い可愛らしい果実がつきます☆


ビナンカズラ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


※漢字で書くと「美男蔓」。
わぴちゃんには無縁の単語が使われています(笑)
赤い果実がたくさん集合してつきますが
鳥さんに人気のようで
すぐになくなってしまいます☆


クスノキ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※この時期、黒くつやのある果実が目立ちます(*^▽^*)o
鎮守の森っぽいところに行くと
だいたいクスノキがありますね。


アキニレ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


※いわゆる「楡の木」です。
もうひとつ、ハルニレがあって
北海道ではよく植樹されているそうですが、
わぴちゃんところではアキニレが主流のようです。
「秋」とつくように初秋に花が咲きます。
また花の写真撮り損ねたし(>ω<。)

| | コメント (2)

☆ハムシは野原の宝石☆

ハムシだけで1冊の図鑑が
できるほど種類がいるのですが、
どれも宝石のように美しいものが多くて、
わぴちゃんは魅了されてます(*´▽`*)

でも、農家やガーデニングする人にとっては
ハムシは害虫以外の何者でもないかも
しれませんけどね(^-^;)

そっくりさんが多いけど、
ハムシの種類でつく葉が決まっているので、
どの草の葉にいたかは同定するのに
重要なキーポイントになるのにゃ。

お蔵入りしつつある写真が多かったので、
ここで一挙紹介します(笑)


ハンノキハムシ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※ハンノキにつく青緑色の光沢があるハムシさんです。

コガタルリハムシ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※スイバやギシギシにつく瑠璃色のハムシです。

ヨモギハムシ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※この手のものは似たようなのいっぱいいますが、
ヨモギにつく青っぽい金属光沢のハムシは
ヨモギハムシです。

ヤマイモハムシ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※名前の通りヤマノイモの仲間につきます。
翅の部分は深青緑色、胸と頭は朱色です。


オオアカマルミノハムシ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※まんまるの赤色のハムシです。

アトボシハムシ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※この模様独特ですねー☆★


ドウガネサルハムシ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

※ヤブガラシについてました。


アカガネサルハムシ
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

※緑と赤の金属光沢が
とても美しいハムシさんです。
サルハムシのサルってなぁに?(笑)

| | コメント (2)

マユタテアカネもどき

この前、こんなアカネを撮影しました☆
Photo_10
(※写真はクリックで拡大)


目の下に2つの黒いちょんちょん「眉紋」があるよ☆
これはもしや夢のマユタテアカネ?

ところが、横から撮影したら。。。
Photo_11
(※写真はクリックで拡大)


「あら、胸の模様はマイコアカネだ…」

参考までにマイコアカネの♂の写真をば。
胸の斑紋の形状が一緒です。
Photo_12
(※写真はクリックで拡大)


そうなんです(>ω<。)

残念ながら、
わぴちゃんがかねてから見たいと思っていたマユタテアカネではなく、
眉紋のあるマイコアカネでした(>ω<。)

ということで、トンボをやる皆さん、
アカネの仲間を同定する時は、
顔で判断せずに必ず胸の模様を確認してくださいねー。

| | コメント (0)

イヌタデの仲間3種☆

イヌタデのたくさんあるところに行ってきました☆
今年も健在でしたよ~(*^▽^*)o

イヌタデの群落の一部です☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

イヌタデって雑草扱いですが、
こうやって群生するととても綺麗なんですよねー♪♪

1つだけピックアップ☆
ピンクの穂が可愛いです☆
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


それから、ここにはイヌタデの白花種である
シロバナイヌタデもあります☆★
白花だから控えめかな?と思いつつも、
群生しているとなかなか存在感があります☆

シロバナイヌタデの群落~♪
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


1つピックアップして撮影しました☆
花色が違うだけで、イヌタデとは
形はまったく一緒です。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

それから、もうひとつここでは
ホソバイヌタデが群落を作っています☆
これがホソバイヌタデの群落★

Photo_9
(※写真はクリックで拡大)

ひとつだけピックアップすると☆
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

イヌタデが濃いピンクなのに対して、
ホソバイヌタデは色がやや薄く、
チェリーピンクの色合いです。

ただ、イヌタデとホソバイヌタデは
まったくの別種ですけどね。

上記3種が混生しているので、
ツ-ショットも撮れます☆

まず赤白のイヌタデのコラボ☆
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

そして、イヌタデとホソバイヌタデのコラボ☆
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

ホソバイヌタデはイヌタデによく似ているのですが、
イヌタデに比べるとかなりスレンダーで葉も細長く、
なにより花色が薄いサーモンピンクではっきりと違います。

| | コメント (0)

10月22日の早朝の様子

ここのところ外出の用事が続いてできなかったのですが、
今朝、ひさしぶりに早朝散策行きました☆★

9℃台まで冷え込みました。

5:50に家を出て橋を渡り対岸へ(笑)
いい感じでもやっているところがありました。
ということでこの地点で散策モード開始☆

朝もやの写真写しました☆
写真は望遠で撮ったので濃いように見えますが、
視程は1km以上あったので霧ではなく「もや」ですね。
10222
(※写真はクリックで拡大)


それから、
地球影も真冬ほどではありませんが、
結構はっきりしていました★
地際付近のピンクがかった濃紺がそれです。
1022_3
(※写真はクリックで拡大)


しばらく歩いていると…。
低いところで横にたなびく煙☆
10221
(※写真はクリックで拡大)


焚き火の煙が、地面付近の冷気ドームの中に
閉じ込められたためにできるもので
煙霧層(haze layer)と言います(≧▽≦)ノ

forest raysと呼ばれる光の筋☆
1022_2
(※写真はクリックで拡大)


メカニズムは天使のはしごと一緒ですが、
天使のはしごは「雲」の影によってできますが、
これは雲ではなく「屋敷林の枝葉」の影によって生じたもの。


あとは朝露の写真☆
朝露に濡れるユウガギク。しっとりといい味出してます。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


そして、芒についた朝露が朝日で白く輝いていたチカラシバ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

蜘蛛の巣の朝露☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

あと。朝露のたっぷりついた草原に太陽を背に立つと☆
影の頭の周りが白く輝いているのがわかるでしょうか☆

これはわぴちゃんから不思議なオーラが…というのはウソで、
heiligenschein(ハイリゲンシャイン)という光学現象なのです☆
1022
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

10月21日の高積雲と光芒

最近空ネタばかり続いていますが、
10月21日の空もとてもよかったです☆
高積雲がみっちり出て秋らしい空でした(*´▽`*)

1021_3
(※写真はクリックで拡大)

1021_4
(※写真はクリックで拡大)

1021_5
(※写真はクリックで拡大)

1021_6
(※写真はクリックで拡大)


ただ、人によっては気持ち悪いと感じるかな??
もし、こういうのが苦手だったらゴメンネ(>ω<。)


そして高積雲による光芒です。
高積雲が原因の光芒でこんなに鮮明なのは初めて見ました。
1021
(※写真はクリックで拡大)

1021_2
(※写真はクリックで拡大)

今、日本付近に黄砂が来ているので
若干その影響があるかもしれません☆

| | コメント (2)

古代米

先日、古代米2種の写真を
撮ることができたので紹介しますね。


黒米(くろまい)
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※精米されたものはよく見るしよく食べるのですが、
こうやって育った状態のものは初めて見ました。
遠目からでも一発で黒米って分かりますねー。


赤米(あかまい)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※なにこれ、なんで稲に「芒<のぎ>」があるの??
と思い、珍しくて写真を撮りました(笑)
正体は古代米の一種の赤米でした。
もう収穫間近なのでだいぶくたびれてますが芒も赤色です☆

わぴちゃんは見たことありませんが普通の白米でも、
芒のある品種があることはあるらしいですね。


◆【比較】白米(はくまい)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

※おなじみの白米です☆★
品種は「ふさこがね」です。
これは8月下旬に市民農園で撮影しました☆

| | コメント (0)

10月20日の天頂環(環天頂アーク)

14:45頃、ふと空を見ると、目を凝らして
ようやくわかる程度の天頂環が出ていました。

なんとなく、ちょっと張り込んだら
天頂環がはっきり出そうな気がして、
少し待ってみると…。

案の定くっきりはっきり見えました(≧▽≦)ノ

1020
(※写真はクリックで拡大)

1020_2
(※写真はクリックで拡大)

わぴちゃんの個人的には、鮮明なものは
2009年7月4日以来に見たので、
すごくテンションがあがりました☆

| | コメント (2)

10月19日の雲模様

10月19日、15時ころだったかな?
なんとなく空を見ると、ほとんど雲がない空でしたが、
青空にうすーい高積雲がわずかに出ていてるのが確認できました。

直感というか、胸騒ぎというか、
ほとんど根拠がないけれども、

「この後、面白い雲が見られるかも!」

という予感がして執筆作業中でしたが、
急遽埼玉県杉戸町の江戸川堤防へと移動しました☆

まずはこんな雲。
1019
(※写真はクリックで拡大)

まるで亀の甲羅の模様のように見えることから
亀甲状高積雲とも言います☆

続いて、巻雲
1019_2
(※写真はクリックで拡大)

ところが、この後ほとんど雲が消えてしまい、
快晴になってしまいました(>ω<。)

でも、まだ胸騒ぎが消えておらず、
土手を降りて、周辺の草花を撮影しながら
様子をみることにしました。

すると、巻積雲や高積雲が出てきました。

それが太陽を隠して、
cloud shadow(雲の影)を確認☆★
1019cloudshadow
(※写真はクリックで拡大)

青黒い筋が写真で右方向に
伸びているのがわかるでしょうか☆

さらに巻積雲の数が増え、
唐草模様のような変な形になりました☆
これは房状雲と呼ばれます☆★

1019_3
(※写真はクリックで拡大)


巻積雲は次第に高積雲へと変遷していきました。
その高積雲の一部が、彩雲になりましたよー(≧▽≦)
1019_4
(※写真はクリックで拡大)


やがて、うすっぺらい高積雲へと姿を変え、
そらの広範囲を覆いつくしました☆
層状高積雲と呼ばれます。
1019_5
(※写真はクリックで拡大)

さらに、この高積雲は、
次第に巻雲へと変遷していきました。

これが巻雲へ変遷中の高積雲(≧▽≦)ノ
1019_6
(※写真はクリックで拡大)

最終的には、こんな巻雲となりました★
巻雲の繊維状の組織がもつれあって見えることから
もつれ雲と言います☆

1019_7
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

また不時現象のお花たち。

土曜日は知り合いに呼ばれて、
埼玉県内をまわっていろいろ散策をしました☆

そこで見られた、
不時現象なお花達を紹介します(笑)

オオイヌノフグリ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


本来早春に咲くものですが
早くも咲きはじめていました。
毎年この時期にフライングしちゃう子が
ちらほらといますね。

ホトケノザ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

これも春の花ですが、
わりと秋~冬も咲いているのを
よく見かけるので、今咲いていても、
そんなに珍しいという感はないかな?


モモ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


たぶん台風で葉が全部飛ばされたせいで
咲いちゃったんだと思いますが、
10月の桃の花にはびっくりですねー(笑)


ソメイヨシノ

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

これも、桃と同様に台風で葉が散ったのが原因で
咲いてしまったのだと思います。
秋に咲くのには、ジュウガツザクラとかありますが、
この樹はそうではなく正真正銘の
ソメイヨシノだったのでびっくりですね☆


セイヨウアジサイ

Photo
(※写真はクリックで拡大)


あれー。紫陽花って、今の季節
こんな状態でよかったっけ?(笑)
さすがに中心の真花は開いていませんでしたが、
そこそこ鑑賞出来る状態になってました☆(笑)

| | コメント (0)

10月16日の夕焼け

10月16日は雲ひとつない空で、日中は空関係は
あまり面白くはなかったのですが、
夕焼け時の色合いがよかったです☆

珍しい現象というわけではないのですが、
ちょこっと撮影に出かけました☆

まず最初に広角で全体を写しました。
1015_
(※写真はクリックで拡大)

太陽の周りに雲があるので、
上向きの光の筋(=光芒)となっていました☆
1015
(※写真はクリックで拡大)


雲があったので、地平線ではなく、
ちょっと高いところで雲の向こうに夕陽が沈んでいきました。
1015_2
(※写真はクリックで拡大)

「高い夕焼け」って言って、観天望気では
天気が悪くなる前触れとされています。

以下は太陽が雲の向こうに沈んでしまった後の撮影ですが、
この淡い色合い、いいと思いません?
1015_3
(※写真はクリックで拡大)

1015_4
(※写真はクリックで拡大)

1015_5
(※写真はクリックで拡大)

1015_6
(※写真はクリックで拡大)


どぎつい鮮烈な色合いも、目を惹いて魅力的ですが、
こういう淡いやさしい感じの夕焼けも、いとをかし☆

| | コメント (2)

今週撮影した蝶類

ここのところめっきり涼しくなって、
チョウチョも一頃前に比べると
少なくなってきましたが
今週撮影したチョウチョを紹介しますね☆


ヤマトシジミ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

今、秋型と思われるヤマトシジミが
いっぱいいます。

こちらは翅を広げた♂。
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

ヤマトシジミってあまりにも普通にいるので
見向きもそれないのですが、
この空色、いいと思いません?(笑)


ヒメアカタテハ
Photo_8
(※写真はクリックで拡大)

ヒメアカタテハも秋になると
たくさん目に付くチョウチョの1つですね。

ヒメアカタテハはヨモギが食草なのですが、
今日、ヨモギのところに、
さなぎを見つけることができましたよ~(*´▽`*)
Photo_9
(※写真はクリックで拡大)

チャバネセセリ
Photo_10
(※写真はクリックで拡大)

秋になると目立つセセリチョウですね。

写真は撮れませんでしたが、
一緒に蜜を吸っていたヤマトシジミが、
チャバネセセリに対して誤認求愛をしてました(笑)


ウラギンシジミ(♀)
Photo_11
(※写真はクリックで拡大)

やっぱり、今年はウラギンシジミ多いと思います。
火曜日に3個体、今日も5-6個体見てます(*´▽`*)


ムラサキシジミ

わぴちゃんの一番大好きな
チョウチョです~(≧▽≦)
翅を閉じた姿は地味地味なのですが…。
Photo_12
(※写真はクリックで拡大)

「翅を広げて」と念じながら
静かに5分くらい張り込むと
やがて翅を広げます☆
モルフォチョウみたいな色合いです~☆★
Photo_13
(※写真はクリックで拡大)

珍しいものではないのですが、
好きな蝶なので出会えると
テンションあがります☆

| | コメント (2)

不時現象いろいろ。

この季節の陽気って、
陽春のころのそれに似ているので、
春の花が勘違いして咲いてしまうことが時々あります☆

もっとも、人間とちがって何月だからどうこうって
考えているわけではないので、
しょうがないんですけどねー。

こうやって、本来の季節じゃない時期に咲く現象を
「不時現象」とか「返り咲き」と言います。

俗に「狂い咲き」とも言いますが、
これは表現があまりよろしくないということで
放送自粛用語になっているようですね。

ということで、ここ数日で撮影した
不時現象の数々をば☆

◆カラシナ(本来の花期:3-5月)
Photo
(※写真はクリックで拡大)


◆シナノタンポポ(本来の花期:3-5月)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

◆クサボケ(本来の花期:4月)
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

◆ハナカイドウ(本来の花期:3-4月)
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

◆ヤブジラミ(本来の花期:6月)
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

公園の木の実いろいろ

火曜日にわぴちゃんーフィールドを案内する機会があって、
いろいろなものを撮影しましたが、
その中から、駐車場わきの公園を中心に撮影した
木の実の写真を紹介しますね☆


サンシュユ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

春先に黄色い花を咲かせます☆
それはわりと有名でみんな写すのですが、
秋の赤い実はいまひとつ存在を忘れ去られていますね。


ハナミズキ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

「鼻水樹」ではなく「花水木」ですよー
…って、そんなこと分かってるか。
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ


ノイバラ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

河川敷にもたくさんノイバラの実がついてました☆


カクレミノ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

葉っぱが昔話の「隠れ蓑」みたいな形を
しているからカクレミノです。
典型的なのは確かに隠れ蓑を連想させますが、
実際には、葉の形は環境によってかなり変化します。


モッコク
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

コナラ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

エゴノキ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

ボタンボウフウ

ボタンボウフウを紹介します☆

ボタンボウフウは沖縄では野菜として利用されています☆

ボタンボウフウは別名
「長命草(チョーミーグサ)」とも言って、
沖縄では「1株食べると1日長生きする」と
言われているそうです。

実は、ボタンボウフウ、
わぴちゃんは庭で栽培してます(笑)
沖縄野菜としてたまに苗が出回るので
それを買って植えたのです☆

これがボタンボウフウです
セリ科の多年草で、海岸に自生します☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


↑の花の写真は7月に撮影したもので、
現在はこんな感じで葉っぱのみとなっています。

Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

自然観察会で見られた昆虫達。

土曜日の観察会で撮影した昆虫の類を紹介しますね☆

キタキチョウ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※キタキチョウは種の特性か意地でも翅を広げませんね(笑)
開翅にこだわらなければとても撮影しやすい蝶です。


キタテハ(秋型)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

※キタテハって普通種すぎて
なかなか撮影する気にならないのですが、
実は「夏型」と「秋型」があって、
結構奥深いんですよね。

今回初めて秋型の撮影に成功しました☆
夏型に比べると色が鮮やかです☆


ウラナミシジミ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

※昨年まではウラナミシジミが
見たくて見たくて探し回っていたのですが、
今年、一度覚えたら、
頻繁に見つけられるようになりました。
他のシジミチョウと比べると飛び方がちがうので、
覚えると飛んでいる段階でわかりますね。


ウスバキトンボ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)

※ウスバキトンボも
そろそろシーズンは終わりでしょうか。
ぶら下がるように止まる独特のとまり方と、
毛深く柔らかい感じで遠目からでも分かりますね。


ウラギンシジミ(♂)
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)

※前にウラギンシジミの開翅の写真を公開した時、
あれは息をころして5分くらい張りこみました。
でも、今回は既に翅を広げていて楽勝でした(≧▽≦)ノ

チョウチョの翅を広げたところの撮影は
実はかなり手間がかかっています(笑)


コクワガタ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


※木でできたてすりのすき間に入り込んでました☆★
どうか、片っ端から捕まえてネットオークションで
転売するような悪質な人に見つかりませんように(*-人-)

| | コメント (0)

イネ科雑草にも光を☆

咲く実は、わぴちゃんが主催した自然観察会でした。
その時に見られたイネ科雑草を紹介します。

イネ科雑草の類は特段綺麗な花を咲かせるわけでもなく、
ものすごく地味で、遠目からほとんど目立たないので、
ほとんどの人からはあまり相手にされない存在ですね。

でも、たまにはこういう草達にも
スポットを当ててあげないとねm(_”_)m

アシボソ
Photo
(※写真はクリックで拡大)

※芒があるのがアシボソ、芒がないのはヒメアシボソとなります。


オヒシバ
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

人に踏まれるようなところを好んで生えます☆
通常、穂を放射状に何本も出します。
この穂の本数はかなりまちまちで、
たまに1本だけしか出さないものもあります☆
1
(※写真はクリックで拡大)


アキメヒシバ
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


メヒシバに比べると穂についているツブツブ(小穂)が
丸くて小さいので、かなり繊細な印象を受ける草です。
「アキ」が冠されている通り、
10月以降姿が見られるようになってきますね。


コブナグサ
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


葉っぱが特徴的なのですが今日は穂の様子を紹介します☆
いま、あちらこちらで咲いていますね☆


メリケンカルカヤ
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


近年造成地で急増中の外来植物です。
ものすごい繁殖力です(>ω<。)
しゅっしゅっと高く伸びたところに白い綿毛が見えるのが特徴です☆


エノコログサ
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


この時期はアキノエノコログサだけかと思ったら、
頭に何もつかないエノコログサがあり、ちょっとびっくりしました。
秋だからアキノエノコログサという固定観念は捨てようときめました(笑)


ササガヤ
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


糸クズみたいな芒が目立ち、かなり繊細な印象の草です。
おそらく、意識して見ないと、周囲と同化して
まず気づくことのない草だと思います。

| | コメント (0)

cats eyeに出会う。(台風18号レポ2)

昨日の台風18号は、
関東に暴風域にかかるころには
雨雲が抜けてしまい日中は晴れ間がのぞきました。

このおかげで、普段はなかなか見られような
雲も写すことができました☆

いろいろ雲写真を撮ったのですが、
その中からピックアップして紹介しますね。

積雲等がすごい早さで流されていく中、
雲の一部が波打っていました。
1008
(※写真はクリックで拡大)

これはケルビン-ヘルムホルツ波による雲の波打ちで、
日本名は浪雲、英名はcats eyeと言います。

台風の時に稀に見られる雲なのですが、
この段階ではかなりしょぼすぎーーー(>ω<。)
しかも、すぐに消えてしまいました(>ω<。)


その次に見られたのがロール雲
1008_2
(※写真はクリックで拡大)


ロール状の大きな雲が横たわっていました。
これは魚眼で撮ったら迫力が伝わったんだろうにゃぁ…。
魚眼レンズ、8万円、手が出ません(泣)

その後一旦雲がほとんどなくなったのですが、
風が南西風から北西風に変わる時に、
ちょっとした寒冷前線になったようで、
どす黒い積雲列が通過していきました。
1008_3
(※写真はクリックで拡大)


この積雲渦の雲底はこんな感じで
墨を流したような模様…★
1008_7
(※写真はクリックで拡大)


寒気通過時によく見られます。
もっと発達すれば乳房雲になるんですけどねぇ…。

それから、積雲の雲底の一部が渦巻いていました。
1008_4
(※写真はクリックで拡大)


写真にするとちょっと分かりにくいですが、
写真の真ん中付近の雲が、
台風を気象衛星で見たような雲の形に
なっているのがわかるでしょうか?

そして、一番の収穫がコレ☆
1008_5
(※写真はクリックで拡大)

1008_6
(※写真はクリックで拡大)

午前中にしょぼしょぼの浪雲が出たので、
もしかしたらと、ずーっと気をつけて見ていた結果、
撮影することができました☆★

昔の浮世絵に出て来る波のような形を
しているのが分かるでしょうか☆

あとは、風が強いということで、
お決まりのレンズ雲の出番もありました。
1008_8
(※写真はクリックで拡大)


この写真のは、ミルフィーユのように
多層構造になっていました。

もうひとつ、遠くの積雲の上に、
ずきん雲と呼ばれる雲がちょこんと乗っかってました。
1008_9
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

小枝とトンボの乱舞(台風18号レポ1)

今日は台風18号が日本列島を縦断した影響で、
各地で風雨が強まりましたね(>ω<。)

わぴちゃんところは、
雨に関しては午前5時ころがピークで、
一晩中ほぼやみまなく激しく降りました。

雨雲は午前7時頃には抜けてしまい、
雲が多いながらも晴れ間が☆

それと入れ替わるように、
ものすごい南寄りの風が吹き荒れました(>ω<。)
ちょうどこのあたりから台風の
風速25メートル以上の暴風域内に入った模様です。

台風通過後、晴れてきた頃に
いろいろな形の雲が見られるので
仕事をしながらも、頻繁に外を確認しました。

結果、面白い雲がいろいろ撮れましたが、
それはまた次回の記事にて紹介しますね。

午前中をピークにまさに「暴風」と
呼べるような風が吹き荒れ、
空は、小枝や木の葉がかなりの数舞っていました。

「木の葉時雨」と呼びたいくらいですが、
木の葉時雨は木枯らしによって舞う
木の葉のことを指すので、
残念ながらコレには使えないですね…。

以下、コンビニに買出しに出る途中で写したものです。

1008
(※写真はクリックで拡大)

1008_2
(※写真はクリックで拡大)

1008_3
(※写真はクリックで拡大)

1008_4
(※写真はクリックで拡大)


1008_5
(※写真はクリックで拡大)


時々、青く堅いどんぐりや
結構大きめの小枝も舞ってました。
1008_7
(※写真はクリックで拡大)

これが頭にあたると危険なので、
皆さんも暴風時は気をつけてくださいね。

(※わぴちゃんは風向き等を配慮した上で、
 倒木の心配のない安全な場所からヘルメットかぶって撮影)

コンビニの途中の道には、
結構大きめの枝も転がってました…。
1008_6
(※写真はクリックで拡大)


午後になると、風が弱まりましたが、
それを見計らったかのように、
今度は、トンボさんが大乱舞してました。
1008_8
(※写真はクリックで拡大)

1008_9
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (0)

セルバチコ(Diplotaxis tenuifolia)

今日は、ちょっと珍しい野菜である
セルバチコを紹介します☆★

セルバチコは別名ワイルドロケットと言いますが、
サラダやベビーリーフによく使われる
ルッコラ(ロケット)とはまったく別な種類となります☆

分類学的には、
ルッコラはアブラナ科キバナスズシロ属ですが、
セルバチコはアブラナ科エダウチナズナ属となります。

これがセルバチコの全体像です☆
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

かなり野趣あふれる姿で、
なかなか野菜という感じがしませんが、
葉を摘んで食べます。

こちらが葉のアップ。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


葉はややかためで、食べると
ゴマのような風味があるそうです。
それに多年草なので毎年収穫できます。

こちらが花序の様子。
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


花序は典型的なアブラナ科という感じです。
果実がまだできていないので、
果実期にどんなすがたになるのか
継続観察したいです。

こちらは花のアップです。
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


黄色い花びらが4枚。
典型的なアブラナ科植物の姿です。

| | コメント (0)

10月4日、月がさとLunar rays

10月4日の夜は満月でした☆
相変わらず下層の雲が多くて、
月は雲間からちらちら見える程度。

でも、こんなときは例によって
Lunar raysが狙えるのです☆

Lunar raysは、夜、月光によって見える「天使のはしご」です☆

この日撮影したLunar raysはこんな感じ♪♪
1004lunar_rays3
(※写真はクリックで拡大)


1004lunar_rays4
(※写真はクリックで拡大)


1004lunar_rays2
(※写真はクリックで拡大)

ちなみに、ここがわぴちゃんのお気に入りの
月撮影ポイントはこんな感じです☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)

とにかく広くて360度見渡せる平野のど真ん中。
ほとんど明かりのない真っ暗な場所です☆
T根川の堤防の真上に
1人ぽつんと立って三脚を立てるのです☆

ずーっと遠くのほうに見える明るい部分は、
都会の街明かりです☆

本当に何もないところに立つと、
半端じゃなくこわいので
橋の近くで撮影しています(笑)
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

橋の街灯と、ごくたまに聞こえる
車の音で安心感が…(笑)

怖さに対してはだいぶ慣れましたが、
それでも、バイクのブーンという音や、
犬の遠吠えが聞こえると背筋が凍りつきます(笑)


その後、下層雲は一旦消滅し、
月がくっきりと見えました。

しかし、それも長くは続かず、今度は巻層雲に覆われて、
おかげさまで見事な月がさを拝むことができました~(*´▽`*)

1004lunar_halo
(※写真はクリックで拡大)


<おまけ>
この日の昼間は太陽による
天使のはしごが出ていました。
1004
(※写真はクリックで拡大)

日中、太陽光による天使のはしごは、
視覚的にもくっきりはっきりしていて、
これはこれでいいですね☆★

でも、わぴちゃんは、目を凝らしてやっと見える、
夜の天使のはしごも、魅力的かなと思いました☆

| | コメント (2)

ツマグロヒョウモンの恋物語。

昨日、お昼頃に1時間程度散策しました。
ツマグロヒョウモンがいっぱい飛んでいましたよ☆

こちらが♂。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


こちらが♀。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


でね。以下の話は、上の2匹のチョウチョとは別な個体の話です。
♂A、♀B、♂C、♀Dの4匹の蝶が出てくる昼ドラ的な恋物語です(笑)


♀Bがキバナコスモスの花の蜜を吸っていると、
一匹の♂Aが、しきりに♀Bに対して求愛をしていました。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

Photo_4
(※写真はクリックで拡大)

Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


やがていっしょになります☆
Photo_6
(※写真はクリックで拡大)


この♀Bもまんざらではないみたいで、
吸蜜をやめ、地面に降り立ち、
♂Aと仲良くしていました。

このまま、恋愛成就かな、
とニコニコしながら見ていたのですが。

…と!!

そこに、別のツマグロヒョウモンの♀Dが通りかかります。
♀Dには、♂Cが求愛中でした。

そしたらなんと!!

この♂Aは、さっきまでいちゃついてた相手(♀B)を見捨て、
♂Cとともに、♀Dにアタックしていくではありませんか!!
(/||| ̄▽)/ ゲッ!!


わぴちゃんも、ぽかんとしてしまい、
その間の写真が撮れませんでした(>ω<。)


こちらは1人(匹)取り残された♀B。
翅が半開きの状態でしばらくフリーズ。
Photo_7
(※写真はクリックで拡大)


いぁー。シビアーですねー(>ω<。)

こういうときは、動画もいいなーなんて思ってしまうのですが、
わぴちゃんは、あくまでも写真専門でいきたいと思っています

| | コメント (0)

月光版「天使のはしご」

10月3日は待ちに待った「中秋の名月」です(≧▽≦)

日中は、ずっと鉛色の空だったので、
あぁ、今夜はダメかなーって思っていたのですが、
夕方になって雲に切れ間が出てきたので、
利根川堤防の真上に立って張り込みました★

1時間くらい張り込みました
ヘ( ̄∇ ̄ヘ;)。。。コソコソ

その結果、無事、まんまるお月様を
拝むことができました☆★
1003
(※写真はクリックで拡大)


でも、厳密には満月は明日なんですけどね(笑)
中秋の名月と満月が一致しないのは
結構よくあることですにゃ☆

それよりも収穫だったのが、
月明かりによってできる「天使のはしご」です☆★
1003lunar_rays
(※写真はクリックで拡大)

1003lunar_rays_2
(※写真はクリックで拡大)

1003lunar_rays_3
(※写真はクリックで拡大)


海外の空関係のサイトでは
Lunar rays」と紹介されていて、
「いいなー。見てみたいなー」と
思っていたところだったので、
見られた瞬間テンションアップ★☆

肉眼で見えるの?って聞かれそうですが、
しばらく暗いところにいて暗闇に目が慣れた頃に、
わぴちゃんは肉眼でもわりとはっきり確認できました☆

これもLunar raysですが、
天使のはしごではなく「雲の影」です☆
1003lunar_rays_4
(※写真はクリックで拡大)

| | コメント (2)

「あおぞら☆めいと」13万アクセス☆

わぴちゃんの本家サイト「あおぞら☆めいと」が、
皆様のおかげさまで、2009年10月1日に、
13万アクセスを達成いたしました。

これからも、楽しく役に立つ
サイト作りを心がけていきますので、
ぜひ遊びにいらしてくださいね。

13万アクセス記念イラストを描きました☆★
130000kinen

なお、12月24日は、「あおぞら☆めいと」の
マスコットキャラであるふわぴかちゃんの
誕生日(キャラクターリリースした日)です。

特に、2009年12月24日は
ふわぴかちゃん誕生5周年となります。

どうするか検討中ですが、
やるとしたら、記念イラストを作る程度かなぁ…。

| | コメント (0)

アオギリの果実☆

近所にアオギリの木があり
たくさん果実がついてました☆

Photo_3
(※写真はクリックで拡大)

2_2
(※写真はクリックで拡大)

アオギリの果実って面白くて
一度見てみたいと思ってたんですよね~(*´▽`*)

この葉っぱみたいなのは、果皮。
つまり果実の皮なのです。
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)

2
(※写真はクリックで拡大)


シワシワの種子が、この果皮の縁に
くっついて面白いのです☆

種子のアップ☆
Photo
(※写真はクリックで拡大)


ねっ♪ しわしわでしょ?(笑)

今度花の写真とかもうちょっと若い段階の
果実の写真が撮れるといいな☆

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »