« 氷につく角板状の霜 | トップページ | 12月20日の窓霜 »

12月18日、土に咲いた霜の花

今回は、12月18日の早朝散策で
まだ出していないものを載せます。

こんな感じでした。うっすら雪化粧をしたみたいな感じ。
1218
(※写真はクリックで拡大)


でも、よく見ると、これは
土の表面に大量についた霜です。
1218_2
(※写真はクリックで拡大)

1218_3
(※写真はクリックで拡大)

1218_4
(※写真はクリックで拡大)


かなり発達した六角柱状結晶の霜が
大量についていました。
まるで土に咲いた花のようですね☆

霜柱もできていました☆
携帯しているノギスで測ると5cmです。
1218_5
(※写真はクリックで拡大)

1218cm
(※写真はクリックで拡大)


朽木にも発達した霜の結晶が多数ついて、
白く毛深い動物みたいです(笑)
1218_6
(※写真はクリックで拡大)

1218_10
(※写真はクリックで拡大)


砂利道の砂利にも霜がついてました。
1218_8
(※写真はクリックで拡大)


これらの霜の多くは超マクロで写すと、
六角柱状結晶~針状結晶の集まりでした。
1218_9
(※写真はクリックで拡大)

|

« 氷につく角板状の霜 | トップページ | 12月20日の窓霜 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 氷につく角板状の霜 | トップページ | 12月20日の窓霜 »