« オトコエシ | トップページ | オニヤブタビラコ(x Lapsyoungia musashiensis ) »

12月8日千葉県最北端、初氷(2009年)

このブログでも何回か紹介してしたが、
わぴちゃんフィールドでは既に5回以上霜が降りています。
しかし、初氷はまだでした。

今朝、初氷行くかなーと期待し
自転車でぐるっと回ってきました。

アメダスの気温の分布推定から、
最低気温が0-1℃まで下がったと思います。

予想どおり、裏の湿地の一部に
氷が張っていたので初氷としました。
昨シーズンに比べると1日遅い初氷です。
1208
(※写真はクリックで拡大)


なんか水面に亀裂がはいったような模様があるのは、
ごく薄い氷が張っている証拠です。

こういう氷を古くから薄氷(うすらい)と言うそうですが、
単に「薄い氷」とか、横文字で呼ぶよりは味があっていいと思います。

ちょっと氷を取り出して写しました☆
1208_2
(※写真はクリックで拡大)


黄色の糸くずみたいなのはアオミドロの一種です(笑)

前日の木枯らしの影響で空気が乾燥して
水蒸気量の少ない状態だったので、
「霜」に関してはしょぼかったです。

しょぼかったので超マクロでは写してませんが、
一番見栄えがする部分を少しだけマクロで写しました(笑)

以下3枚はハルノノゲシの葉っぱについた霜です。
1208_3
(※写真はクリックで拡大)

1208_4
(※写真はクリックで拡大)


葉の表面を横走して六角柱または針状結晶を形成してました。

こちらはおなじみの不定形です。
ただよく見ると少し結晶のようになってます。
1208_5
(※写真はクリックで拡大)


それから霜衣☆
セリの葉っぱについた霜衣です。
1208_6
(※写真はクリックで拡大)


こちらは、日中の小春日和で咲いてしまった
ヒメオドリコソウについて霜衣です。
Photo
(※写真はクリックで拡大)


あとは霜柱
1-2cm程度でぜんぜんショボイですね。
こちらは今後に期待☆
1208_7
(※写真はクリックで拡大)


そして、霜柱と霜柱をつなぐように、
横に枝葉のようにのびたものです。
これも、もっと寒くなるとかなり見事になります☆
これは名前ついているんだろうか…。

1208_8
(※写真はクリックで拡大)

1208_9
(※写真はクリックで拡大)

|

« オトコエシ | トップページ | オニヤブタビラコ(x Lapsyoungia musashiensis ) »

*季節・歳時記*」カテゴリの記事

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オトコエシ | トップページ | オニヤブタビラコ(x Lapsyoungia musashiensis ) »