« 初冬の木の実いろいろ(3) | トップページ | ヒイラギ »

今冬初の霜のマクロ撮影

12月2日の朝は、目が覚めると霧と霜でした☆
なので、急いで支度をして、日がのぼる前に家を出ました。

車カチカチに凍ってまして…(笑)
これでまだキレイな窓霜ができていれば許すのですが、
ただ凍っただけでした(笑)

写真は撮らず霜取りスプレーで一網打尽
( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

まず、小春日和で咲いてしまったアリアケスミレ
霜衣に包まれてしまってました。
1201
(※写真はクリックで拡大)


あとは、霜の結晶を「超マクロ」で撮影しましたが、
やはり霧が出るくらいで湿度がまだまだ高いし、
気温も0℃以上のところで発生した霜なので、
まだまだキレイな結晶にはなってません。
それでも、やはりドアップにすると美しいです(*´▽`*)

まずイネ科の葉っぱによく見られる、
六角柱結晶の霜。結構長く成長していました☆
1201_2
(※写真はクリックで拡大)

つぎに、ムラサキツメクサの葉の毛を核に凍りついた霜。
1201_3
(※写真はクリックで拡大)

不定形で美しい結晶構造にはなってませんが、
それでもアップにすると美しいです。

続いて、杯状結晶とかコップ状結晶と呼ばれる形の結晶です。
1201_4
(※写真はクリックで拡大)

まだしょぼいです。それに、湿度が高いため、
結晶にこちゃこちゃと霜がついてしまっていますしね。

わぴちゃんが霜に魅了される
きっかけとなったのが杯状結晶で、
もっと気温が下がると感動ものの形になります。
今後が楽しみです☆

こちらも杯状結晶になりかけていますが、
はやくも融けつつあります。
1201_5
(※写真はクリックで拡大)


こちらは杯状結晶が何段かに積み重なったものです。
1201_6
(※写真はクリックで拡大)

やはり結晶本体の周りのコチャコチャと
ゴミみたいに霜がついてしまっています。

これは分類が難しいところですが、
恐らく樹枝状に平べったく広がる樹枝状結晶に、
細かい霜がゴチャゴチャとついてしまったものと推測されます。
1201_7
(※写真はクリックで拡大)

1201_8
(※写真はクリックで拡大)


最後に、これは見ごとに平べったく成長した樹枝状結晶の霜です☆

1201_9
(※写真はクリックで拡大)


<参考URL>
霜のマクロ++あおぞら☆めいと

|

« 初冬の木の実いろいろ(3) | トップページ | ヒイラギ »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~!!

すっかり冬らしい写真に成りましたね。
この写真は、マクロレンズで撮影されているのでしょうか??

かなり小さな被写体と思われ、
マクロレンズよりも拡大性能があるレンズかも知れませんね。

早朝の短時間でしか撮影出来ない現象の撮影
お疲れ様ですm(__)m

今日は、何雲か迷ってしまう雲の写真に出会ったもので、
お便りをしました。

ブログ仲間で、他のブログサイトに移られた方の、濃密雲の何倍も迫力のある雲の写真です。

雲と空の境目がシッカリしているので
濃密雲と思いましたが、何か低い位置にありそうで、とても大きい広がりがあります。

marikoさんのブログから
「燃える空(夕焼け)」
http://ameblo.jp/nna-marimari/entry-10405410747.html#main

お忙しいところ 誠に申し訳ございませんが
ご教授していただけると
助かりますm(__)m

投稿: yamanimo | 2009/12/09 01:15

◆yamanimoさん

こんばんは☆

これはマクロフィルターの倍率の高いものを
何枚も重ねた上に、中間リングの
高倍率なものを入れているので、
倍率としてはかなりのものになると思います。

マクロフィルターの多重使用だけでは限界があるので、
中間リングを入れているのがポイントです。

中間リングもかなり高倍率なのが出ているので、
高いですが頑張って投資して
それを入れるようにしています。

ブログのお写真拝見しました。

不思議な雲ですねー。
高度の異なる複数の雲形によって
多層構造をなしているものと思います。

一番下の写真は乳房雲も見えますね。

このあとあられが降ったとのこともあるので、
この雲の帯は寒気の境目なのかもしれませんね。

投稿: わぴちゃん☆ | 2009/12/10 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初冬の木の実いろいろ(3) | トップページ | ヒイラギ »