« 12月15日霜の超マクロ | トップページ | 樹枝状結晶の平たい霜 »

冬の里山、昆虫やキノコ

野山探索をしていると植物や昆虫だけではなく、
実にさまざまなものに目がいきます。

最近の早朝散策では霜・氷と、一部の植物が
見られればいいかな程度なのですが、
思いのほかいろんなものが見られたので、
植物・昆虫などの枠にとらわれず載せます。

昨日の早朝散策で一番最初に見つけたのが、
樹木に止まっているアブラゼミでした。

Photo
(※写真はクリックで拡大)


「え?この時期にアブラゼミ?」

と思ったのですが、
よく見ると幹にストローを差し込んだまま
完全にフリーズしていました。

おそらく、病原性糸状菌かなにかに
感染してしまったのでしょうね。

それから、冬の雑木林によく転がっている、
使用済みのアシナガバチ類の巣
Photo_2
(※写真はクリックで拡大)


こちらはちょっと大物ですが、使用済みで中は空っぽです。
コガタスズメバチの巣と思われます。
Photo_3
(※写真はクリックで拡大)


あと、冬はいわゆる「蓑虫」をよく見かけますね。
Photo_4
(※写真はクリックで拡大)


ひとくちに蓑虫といってもずいぶん種類があるようです。

蓑の形やつき方などで見分けられますが、
わぴちゃんにはまだまだ難しいです。

キノコもいろいろありましたがその中から。

ぷにょぷにょ系のキノコ(たぶんヒメキクラゲ)
が、凍りついていました。
ぷにょぷにょするのって水分が多いんでしょうね、きっと。
1215
(※写真はクリックで拡大)


1215_2
(※写真はクリックで拡大)


そして、これはシロキクラゲかな?
とても美しいキノコです(*´▽`*)
Photo_5
(※写真はクリックで拡大)


特に子ども相手の自然観察会をすると、
植物・昆虫のような
教科書的なわかりやすいものではなく、
むしろ今日の写真のような変なものを
見つけてくることが多いです(笑)

冒頭の写真のものを見つけると、

「アブラゼミ!! 
 固まってるよ? どうして?」

みたいな感じで質問されます。

こういった変なものの中には
わぴちゃん自身よく知らなくて
答えられずにもどかしい思いを
させてしまうものが多いので日々勉強ですね☆

|

« 12月15日霜の超マクロ | トップページ | 樹枝状結晶の平たい霜 »

*フィールド報告(全般)*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 12月15日霜の超マクロ | トップページ | 樹枝状結晶の平たい霜 »