« 1月14日角板状結晶の霜 | トップページ | 足元のほわほわ、正体は霜! »

氷につく「櫛」のような霜

ここ最近の強烈な冷え込みで水たまりには
分厚い氷が張っています。

その氷にびっしりと霜の結晶がついて、
まるで髪をとかす「櫛」のようになってましたよ~☆
114_5
(※写真はクリックで拡大)

114_6
(※写真はクリックで拡大)

114_7
(※写真はクリックで拡大)

1144
(※写真はクリックで拡大)

これなんか、氷と地面のあいだにできたすき間の部分に
びっしりと細い霜が垂れ下がって、
まるで滝を連想させますね(*´▽`*)
114
(※写真はクリックで拡大)


例によって超マクロで写してみました☆

柱状結晶
114_2
(※写真はクリックで拡大)


コップ状結晶(杯状結晶)
114_4
(※写真はクリックで拡大)


大型のコップ状結晶(杯状結晶)
114_3
(※写真はクリックで拡大)


水たまりに張った氷に霜の結晶がつくのはよくあることです。

しかし、 ここまで発達するのは
わぴちゃんフィールドでは珍しいですね。

つまり、それだけ寒さがきついってことですね(笑)

|

« 1月14日角板状結晶の霜 | トップページ | 足元のほわほわ、正体は霜! »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

今晩はーーヽ(´ー`)ノ
櫛というより
怪獣の歯のように見える。
噛み付かれたら痛そうーーーーーー
((((((((^^;

投稿: アライグマ | 2010/01/16 20:16

◆アライグマさん

今年もよろしくお願いします m(_”_)m

確かに、噛みつかれそう…(笑)

でも、この霜はわずかな振動で粉々になってしまう
繊細な一面もあるんですよ~(笑)

投稿: わぴちゃん☆ | 2010/01/18 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1月14日角板状結晶の霜 | トップページ | 足元のほわほわ、正体は霜! »