« ふわぴかちゃんの冬カットイラスト☆ | トップページ | 丹沢・大山へ(雲・空編) »

六花の霜を探せ!

角板系の霜を何回か紹介しました。
ものによっては大きく発達して、
雪の結晶(六花)を連想させる姿になっていました。
114
(※写真はクリックで拡大)

しかし、完全な形にはならず、
半分だけとか、1/3だけとか、
欠片みたいな感じのものが多くて

 なんとか、完全な形の
 「六花」になった霜がないもんだろうか…

と、神経を尖らせて
ていねいに探してみました。
118_2
(※写真はクリックで拡大)

118_3
(※写真はクリックで拡大)

1185
(※写真はクリックで拡大)


うーーん。綺麗ですが、ちょっと不完全というか…。

そして、六花の完全な形に一番近かったのがコレです☆
118
(※写真はクリックで拡大)


しかし、枝を数えると5つしかありません(笑)
雪の結晶は「六花」というくらいで、
6つが基本なんですよね。本来は(笑)

やはり霜の結晶では完全な形の「六花」は
難しいのかもしれません。
でも、今後も頑張って探してみたいです☆


いずれも、直径は4-5mmくらいあって、
肉眼でもはっきりと形が分かります☆★

あと、見られたのが、
小さな角板が放射状に広がったもの。
これは小さいです。0.1mm単位の大きさです。
118_4
(※写真はクリックで拡大)


そして、これはわぴちゃんは
初見のタイプの霜の結晶となります。
118_5
(※写真はクリックで拡大)


ベーゴマを連想させるような形です☆
こちらも小さく0.1mmクラスの大きさ。


それから、単体の角板たちです。
118_6
(※写真はクリックで拡大)

|

« ふわぴかちゃんの冬カットイラスト☆ | トップページ | 丹沢・大山へ(雲・空編) »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ふわぴかちゃんの冬カットイラスト☆ | トップページ | 丹沢・大山へ(雲・空編) »