« 足元のほわほわ、正体は霜! | トップページ | バケツにできたシダ状の氷 »

雪の結晶を連想させる霜

ここのところのわぴちゃんフィールドは、
早朝に-3℃~-5℃クラスの冷え込みになることが多く、
霜の結晶のバリエーションがかなり豊かです。

その中でも、最近よく見かける霜の結晶のタイプとして、
角板状結晶板状結晶)があります。


角板状結晶の霜は滅多に遭遇しないので
条件がまだ見出せていませんが、
経験則として、河川敷でよく見かけることと、
-5℃クラスの冷え込みでよく見かけること、があります。

116
(※写真はクリックで拡大)


このように、かさぶたのようなものがたくさんついて見える霜なので、
パッと見はあまり美しくありませんが、
超マクロで見ると魅力を堪能することができます☆


これは角板の組み合わせ。
116_2
(※写真はクリックで拡大)

116_3
(※写真はクリックで拡大)

そして、これはもとは角板結晶だったんでしょうが、
条件が良くて大きく発達して、
もう雪の結晶の形になってしまってます(*´▽`*)

116_4
(※写真はクリックで拡大)


116_5
(※写真はクリックで拡大)


116_6
(※写真はクリックで拡大)


116_7
(※写真はクリックで拡大)

木の枝や落ち葉に対して60度(?)につくので、
雪の結晶が半分だけできて
なんかつき刺さったような感じですね(笑)

そのうち完全体の雪の結晶になった霜を
見つけたいと思います。

|

« 足元のほわほわ、正体は霜! | トップページ | バケツにできたシダ状の氷 »

*霜・氷*」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 足元のほわほわ、正体は霜! | トップページ | バケツにできたシダ状の氷 »