« シロバナホトケノザ | トップページ | 雪の表面霜 »

2/2の霧とこもれび

2月2日の雪のあとの朝の早朝散策で見つけた、
霧に関するネタを紹介しますね☆

この日は雪の後で、低い霧が出ていました☆
それが朝日に照らされて、
杏子色の幻想的な光景になりました(*´▽`*)
202
(※写真はクリックで拡大)


こちらも、低い霧の様子。ただ上空の風の様子のきまぐれか、
地面付近に溜まった霧の一部が線状に斜めに立ち昇ってました(*´▽`*)
202_2
(※写真はクリックで拡大)


さらに別の地点で☆

一面田んぼで、地面は真っ白、そして、低い白い霧が周りを覆って、
なんとも不思議なところに来たような光景です☆
202_3
(※写真はクリックで拡大)


こんな感じで、雪の白と霧の白で一面真っ白です。
202_4
(※写真はクリックで拡大)


これが人里近くだからまだいいのですが、
山の中でこうなると、ホワイトアウトと言って、
上下左右の位置関係が分からなくなって、
遭難する恐れがあるので危険だったりします。

ところで、太陽と反対側の霧の層と青空の縁の部分が、
影のように青黒くなっていました。
不思議ですねぇ(*´▽`*)
202_5
(※写真はクリックで拡大)


あと、たくさん撮影できたのが、「forest rays
つまり、日本語で言うこもれびの薄明光線です。
202_6
(※写真はクリックで拡大)


これに至っては、放射状に広がって、
なんか幻想的な感じ(*´▽`*)
202_7
(※写真はクリックで拡大)

« シロバナホトケノザ | トップページ | 雪の表面霜 »

*ハロ・光学現象*」カテゴリの記事

*霧・もや*」カテゴリの記事

コメント

はははっ
「わぴちゃんが千葉でホワイトアウトしとる」
と思っていたらホワイトアウトのことが書いてあった。
((((((((^^; 千葉の平地で遭難しないように。

◆アライグマさん

( ̄∇ ̄*)ゞえへへっ♪

気象予報士が首都圏の平地、
しかも人里近くで遭難したら、
伝説として語り継がれてしまいますね(笑)

でも、雪の積もった田んぼのど真ん中で
霧に包まれた時、
「うわー。これがホワイトアウト」だーって、
結構びびりました(笑)

やはり、命より伝説を残すべし。
(。_o)\★バキッ

◆アライグマさん

ひゃー(笑)

この記事へのコメントは終了しました。

« シロバナホトケノザ | トップページ | 雪の表面霜 »

フォト
2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ